自動車の歴史を振り返るWebモーターマガジンのオリジナル企画「今日は何の日?」。5月9日はトヨタのセダン、アバロンが登場した日。今から23年前、1995年にタイムスリップ。

アバロンってどんなクルマ?

アバロンは1994年に北米で発売されたトヨタのFFセダン。アメリカトヨタのケンタッキー州工場(TMMK)で製造、日本では1995年5月9日に発表/発売された逆輸入モデルだ。もちろん右ハンドル仕様のみ。

開発はトヨタテクニカルセンターUSA(TTC)。生産はトヨタモーターマニュファクチュアリングUSA(TMM)。

4845×1785×1435mmというビッグサイズのボディと、FFの利点を最大限に活かした圧倒的広さの居住空間(室内長2050×幅1530×高1195mm)が魅力で、身長190cmの大柄な人が乗ってもゆとりのある空間が自慢だった。


エンジンは3L・V6アルミの1MZ-FE型。200ps/29.0kgmのスペックで10・15モード燃費は9.5km/Lだった。


アバロンは2000年に北米でフルモデルチェンジされたが、日本で逆輸入されたときには「プロナード」と車名変更して販売された。アバロン/プロナードとも日本ではあまり人気がでなかったのは、全長5m近いその巨体だろう。

逆にアメリカでは、現在5代目まで進化。2018年のいまでも人気のモデルとなっている。

画像: アバロンはアメリカで生産され日本で販売された「逆輸入車」だった。

アバロンはアメリカで生産され日本で販売された「逆輸入車」だった。

画像: 全長は4845mmと大きい。

全長は4845mmと大きい。

画像: インテリア。身長190cmのアメリカ人でもゆったりと座れる後席が特徴だった。

インテリア。身長190cmのアメリカ人でもゆったりと座れる後席が特徴だった。

車両価格(当時。東京)

アバロン3.0 288万円
アバロン3.0G 318万円

1995年(平成7年)には何があった?

ニュース

●地下鉄サリン事件
●九州自動車道が全線開通
●ゆりかもめ開業

ヒット曲

●LOVE LOVE LOVE ドリームズ・カム・トゥルー
●HELLO 福山雅治
●Tomorrow never knows Mr.Children

This article is a sponsored article by
''.