メーカーやその本拠とする国によって、パドルシフトの固定方法が違うのはなぜだろうか。モータージャーナリストのこもだきよし氏に聞いてみた。

モータースポーツの世界でも競技によって違う

2ペダルでもMTのようにドライバーの意思でシフトアップ/ダウンできるパドルシフト。ハンドルの裏側に操作レバー(パドル)を設けている。

2ペダルスポーツカーの増加にともなって広く採用され、プレミアムカーでは標準装備されるようにもなった。さらに近年ではコンパクトカーでもパドルシフトを選べる時代になった。また最近、シフトアップは右側、シフトダウンは左側に統一されてきた。

ひと口にパドルシフトと言っても種類がある。操舵するとハンドルと一緒にパドルも動く「ハンドル固定式」と、パドルがコラム側に付いていて操舵してもその位置の変わらない「コラム固定式」だ。

国産車を見るとメーカーにより異なり、スバルのようにコラム固定式からハンドル固定式に転向したところもある。世界的に見るとラテン系(イタリアやフランスなど)のブランドがコラム固定式を、ゲルマン系(ドイツなど)がハンドル固定を採用する傾向にある。

ハンドル固定式のメリットは、ハンドルを微修正しながらでもパドルに指をかけておけるので、ドライバーがシフト操作のタイミングを計りやすいということ。ただ、1‌8‌0度以上操舵すると左右どちらを操作すべきか考える時間が瞬間的にできてしまうというデメリットもある。そんなときは、セレクターレバーで操作することになる。

画像: ブランドによって採用するパドルシフトが異なる理由は、その国の国民性とハンドル操作方法が関連していそうだ。

ブランドによって採用するパドルシフトが異なる理由は、その国の国民性とハンドル操作方法が関連していそうだ。

逆にコラム固定式だと操舵量に関係なくパドル位置は同じなので大舵角まで切るドライビングのときにはわかりやすい。デメリットを挙げるとすれば、指をパドルにかけながらの舵角微修正がしにくくなることくらいだろう。

モータースポーツの舞台に目を向けてみると、F1をはじめとする操舵角の比較的小さいサーキットレース車両にハンドル固定式が、カウンターを当てながら走るようなラリーやダートラなどの競技車両の多くにコラム固定式が採用されている。

筆者の好みはハンドル固定式だが、これはハンドルの操作方法に関係する。手を持ち替えずそのまま切るので、右手はシフトアップ、左手はシフトダウンと単純明快。またパドルを小さくできるため、使わないときに邪魔にならないメリットもある。コーナリング中に手をクロスさせない「送りハンドル」の操作ではコラム固定が合っている。

このふたつがどちらかに統一されることは、当分ないだろう。

画像: コラム固定式パドルシフトの場合、レバーが大きくなりがち。どちらがいいかは、個人の好み。

コラム固定式パドルシフトの場合、レバーが大きくなりがち。どちらがいいかは、個人の好み。

This article is a sponsored article by
''.