ワイルドな魅力に満ちたファットボブはNEWソフテイル9機種の一員。ファットな前後タイヤ、がっちりしたフォークとフロントのダブルディスク、アップタイプのマフラーが熱い走りを予感させるスポーツ・ソフテイルだ。そのホットモデルを月刊オートバイ誌の最強テスター“宮崎敬一郎”が本気で走らせる!

豪快トルクが生み出す“剛”のスポーツ!

画像: 豪快トルクが生み出す“剛”のスポーツ!

ハーレーの2018年モデルでは大変革が起きた。根強い人気のダイナファミリーがなくなり、そのラインアップの一部はソフテイルファミリーとして生まれ変わったのだ。

このファットボブもそんな1台。斬新なデザインと個性的なLEDヘッドライトが特徴だ。

画像: 先代の2眼ライトから独創的な形状のLEDヘッドライトに変わり、イメージを一新。

先代の2眼ライトから独創的な形状のLEDヘッドライトに変わり、イメージを一新。

先代モデルはむき出しのツインヘッドライトを備え、高剛性な倒立フォークなどによる、クイックでダイレクトなハンドリングが自慢だった。

新型はいきなりの大変身ではあるが、走りのキャラクターは同じ。非常にスポーツ指向の強い走りを魅力にしている。

HARLEY-DAVIDSON/FAT BOB

画像: スポーティかつワイルドなスタイルは、ソフテイルファミリーの中にあっても際立つ存在。価格:218万8000円(107・ビビッドブラック)/223万円~(107/モノトーンカラー)

スポーティかつワイルドなスタイルは、ソフテイルファミリーの中にあっても際立つ存在。価格:218万8000円(107・ビビッドブラック)/223万円~(107/モノトーンカラー)

しかもコレは「ミルウォーキーエイト」という、最新世代の強力な8バルブツインスパークエンジンを搭載。そのお陰で、格段にパワフルになっている。

画像: 新世代のミルウォーキーエイトエンジンは1745㏄の「107」と1868㏄の「114」を用意。

新世代のミルウォーキーエイトエンジンは1745㏄の「107」と1868㏄の「114」を用意。

ハーレーのスポーツモデル、というと、最初に頭に浮かぶのが軽くてスリムなスポーツスターファミリーだと思う。

これは、言ってみればスタンダードなネイキッドに相当するモデルたち。身のこなしの軽さや、コーナリングなどを自然に行える素直な機動力を特徴にしている。

画像: がっちりした倒立フォークにダブルディスク、極太の16インチタイヤが迫力を醸し出す。

がっちりした倒立フォークにダブルディスク、極太の16インチタイヤが迫力を醸し出す。

スポーツスターとは違った「スポーツ性」が魅力。

画像: スポーツスターとは違った「スポーツ性」が魅力。

クルーザーの許容バンク角は浅いが、コーナリングでの旋回性もさておき、いかにライダーがバイクを意のままに振り回せ、ワガママな機動ができるか? というのも、立派な「スポーツ性能」のひとつ。

このファットボブが得意とするのがまさしくコレなのだ。

コーナリング中であれ、直進中であれ、ハンドルをコジって操作しようが、押さえつけようが、節度を持って機敏に動ける。

画像: 2-1-2レイアウトのマフラーはアップサイレンサーが特徴で、バンク角も確保。

2-1-2レイアウトのマフラーはアップサイレンサーが特徴で、バンク角も確保。

アップマフラーのおかげでスポーツスターよりバンク角も深い。弾き飛ばされることを警戒せずに峠道を楽しめ、しかもワガママに走れるのだ。これが素晴らしい!

画像: 肉厚でホールド性に優れたシートは、思いのままに攻めてもライダーをしっかりサポート。

肉厚でホールド性に優れたシートは、思いのままに攻めてもライダーをしっかりサポート。

直線も、コーナーも楽しい!

もちろん、ハーレーらしい濃厚な味も備えている。

腹に響くようなパルスを伴った排気音は魅力だし、3速1350回転、4速で1450回転、速度にして30〜50㎞/hくらいから、シフトアップなしでグイグイ加速できる。

画像: アナログ式タコメーターの下には、反転表示の液晶モニターを配置。燃料計も備える。

アナログ式タコメーターの下には、反転表示の液晶モニターを配置。燃料計も備える。

トップギアの6速も65〜70㎞/hから使え、豪快さとのどかさを併せ持つ、不思議な鼓動感の魅力が楽しめる。

画像: 直線も、コーナーも楽しい!

新型ファットボブは、そのインパクトある外観だけでなく、走りにも「スポーツ」の魅力が満
載されている。加えて、このモデルでしか楽しめない「味」もある。

飽きの来ない、魅力的なモデルだ。(文:宮崎敬一郎)

試乗だけじゃないオモシロさ。「 FREEDOM ON TOUR」がすごい!

画像: h-d.jp
h-d.jp

注目のNEWソフテイル9機種をはじめ、2018年モデルのハーレーダビッドソンに乗れる試乗イベントが全国5会場で開催決定!

3.17 [SAT] / 18 [SUN]
東京都江東区:青海駅前特設イベント会場(お台場・J区画)

4.7 [SAT] / 8 [SUN]
福岡県福岡市:福岡タワー シーサイドスクエア・1階ホール

4.14 [SAT] / 15 [SUN]
大阪府大阪市:大阪南港ATC ピロティ広場

4.21 [SAT] / 22 [SUN]
愛知県名古屋市:ナゴヤドーム北側駐車場

6.30 [SAT] / 7.1 [SUN]
宮城県仙台市:夢メッセみやぎ 本館展示ホールA・屋外展示場

画像: 6.30 [SAT] / 7.1 [SUN] 宮城県仙台市:夢メッセみやぎ 本館展示ホールA・屋外展示場

会場では大型二輪免許保持者を対象にした「公道試乗会」のほか、東京・大阪会場では普通二輪免許のライダーも敷地内で丁寧な指導のもと、実際にハーレーに乗れる「ハーレー教習体験」もスタンバイ!

画像: 免許がなくてもハーレーを体験できるJUMPSTART(中学生以上対象)

免許がなくてもハーレーを体験できるJUMPSTART(中学生以上対象)

しかもこのFREEDOM ON TOURは試乗だけじゃありません。

家族でも楽しめる迫力の「パフォーマンスライディングショー」やアメリカの味を堪能できる「アメリカンフードダイナー」、ちびっ子も満足の「キッズコーナー」までもが用意されるんです。
※各種コンテンツは会場により異なります。

来場者には豪華プレゼントも!

さらに! 来場して簡単なアンケートに答えるとオリジナルグッズがもらえます!これだけでも足を運ぶ価値があるというもの。

でもオリジナルグッズは数量限定ですからね? これはもう朝イチから行くしかありません。

FREEDAM ON TOURは、もはやハーレーのテーマパーク! ぜひ足を運んでみてください!

This article is a sponsored article by
''.