『一瞬を共有する二つの心』、今回はweb版第3回。毎回一つのテーマを決めて撮影、撮り手である私・萩原がそのカットの撮影者側の意図を、モデルであるいのうえのぞみさんが撮られ手の意識を、それぞれ語るこの企画。本誌2月号で掲載したカットとは違う、いわゆるアザーカットを紹介するとともに、そのカットの撮影について語っていきます。

今回のテーマは『誘惑』。

その『誘惑』は、コトを始めとする誘惑ではなく、いつも一緒にいながらも、改めて私(ここでは撮り手)に誘いをかけてくる場面。私はいつも流れる時間の中で、彼女に視線を向けるたびに艶かしい姿・表情。そんな彼女にたじろぎながらもドキドキが止まらない…。

『誘惑』。おねだり…。

今回は、彼女がシャワーをかけて…とねだってくるシーンを。僕(この場合は撮り手)は「服、着たままだよ」と尋ねるけど、いいの、と彼女。シャワーを手にしながら、僕は目のやり場に困る。お湯の熱で上気した肌、ささやくような視線…いつも一緒にいる彼女なのに、なぜこんなに色っぽい眼差しなんだ!?
このシーンは、彼女に言われるがままにシャワーをかける僕(撮り手)がドギマギしている雰囲気で。

画像: ■ソニーα7RⅢ シグマ24-70mmF2.8DG マニュアル(1/100秒 絞りF4) WB:マニュアル ISO400 RAW ストロボ使用(Nissin Di700A+Air10s)

■ソニーα7RⅢ シグマ24-70mmF2.8DG マニュアル(1/100秒 絞りF4) WB:マニュアル ISO400 RAW ストロボ使用(Nissin Di700A+Air10s)

『誘惑』。釘付け…。

ドレスを着たままシャワーをかけ、ビッショリとなった服を脱ぎなよ、と促す。恥ずかしそうに向こうを向きながら脱ぐ彼女。肌を伝わる水滴、うきあがるヒップライン。誘ってきた彼女がその誘いを引いた時、今度は僕が彼女に釘付けになってしまった…。
窓から差し込む夕方の日差しがサイドにあたり、彼女のラインを浮かび上がらせ、水滴を輝かせる。彼女の腰回りを追う視線に合わせて、やや低めのカメラポジションで撮影。

画像: ■ソニーα7RⅢ シグマ24-70mmF2.8DG マニュアル(1/100秒 絞りF4)  WB:マニュアル ISO400 RAW ストロボ使用(Nissin Di700A+Air10s)

■ソニーα7RⅢ シグマ24-70mmF2.8DG マニュアル(1/100秒 絞りF4)  WB:マニュアル ISO400 RAW ストロボ使用(Nissin Di700A+Air10s)

萩原「今回はいのうえさんからのテーマ提案で『誘惑』を撮影してみた」。
かなり二人で場面についてあれこれ話し合ったけど、自分から誘惑することのないいのうえさんは、経験という意味でも、なかなかカタチとして表しづらかったかな?

いのうえ「『誘惑』って、自分で言いだしておきながら、とっても難しいテーマだったですねw」。自分に引き出しがない分、助けてもらっちゃった感じです。ありがとうございました!

萩原「いやあ、いのうえさんがかなり大胆なことを口にしてくれたじゃないw」。

いのうえ「シャワーは気づきでしたね。水を使っての撮影は、今後もっと挑戦したいなw」。

撮影はポートレートの達人、写真家・萩原和幸さん

1969年、静岡県出身。東京工芸大学卒業。静岡大学人文学部法学科卒業。写真家・今井友一氏に師事、独立後、K&R Photograph∞を設立。フリーランスのフォトグラファーとして雑誌での撮影・執筆や広告撮影などで活動中。公益社団法人 日本写真家協会(JPS)会員。静岡デザイン専門学校非常勤講師。
www.ikkyow.com

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.