いったん取り付けてしまえば、その後は手間いらず!

盗難抑止アラームの最も重要な部分は「怪しい状態」を検知する能力。衝撃センサー、傾斜センサー、超音波センサーなど、製品によって使われているセンサーは異なるから、車両の駐車環境に応じて選ぶことが大事。最近は電波や赤外線を使ったリモコンでアラームシステムをオン/オフする製品が多いが、どんなに高性能な製品であれ、システムが起動していなければ何の役にも立たない。

デイトナの『ストロンガー』は、微弱電波を発信するリモコンを採用。車両から離れると自動的にシステムオン、車両に近付くとシステムオフにしてくれる。スイッチ操作は不要だから、リモコンをキーホルダーに付けておくだけでいい。

画像: セット内容はセンサーと受信機を内蔵した本体、110dBのアラーム、電源ハーネス、LED警告灯ハーネス、リモコン、固定用両面テープなど。ラジオペンチ1本で取り付けられる。

セット内容はセンサーと受信機を内蔵した本体、110dBのアラーム、電源ハーネス、LED警告灯ハーネス、リモコン、固定用両面テープなど。ラジオペンチ1本で取り付けられる。

デイトナ
STRONGER SECURITY ALARM(ストロンガーセキュリティーアラーム)
価格:1万800円

リモコンの有効距離はアラーム本体を設置する場所によって異なるが、約2〜10mとのこと。テストではSV650のシート下に本体を設置したが、10m以上でも反応した。なお、リモコンを紛失しても、補修用リモコン(1900円)を買ってペアリングを行えば本体やアラームはそのまま使える。センサーは近くを走る車の振動や風、大きな音などによる誤作動がない振動センサーを搭載。セット時の傾斜角を記憶し、そこから5度起こすと110dBの大音量アラームが約35秒間鳴り続ける。鳴っている間に傾斜角が元に戻るか、リモコンを検知すれば鳴り止むのも実用的。

配線は車体側のACC(アクセサリー)電源と、バッテリー両極への3本。本体もアラームもコンパクトなので装着場所にも困らない。ACC電源さえ判別できれば30分程度で装着できる。

いったん取り付けてしまえば、その後は手間いらず。忘れっぽい人には特にお勧めだ。

画像: 本体サイズは幅69㎜×高さ120㎜×厚さ46㎜で、アラーム部はφ55㎜。IPX5相当の耐水性を持っているが、直接雨の当たらない部分に装着したほうが無難。

本体サイズは幅69㎜×高さ120㎜×厚さ46㎜で、アラーム部はφ55㎜。IPX5相当の耐水性を持っているが、直接雨の当たらない部分に装着したほうが無難。

画像: LED警告灯はシステムが警戒中の間、3秒間隔で点滅する。視覚的な抑止力を高めるため、ハンドル回りなどの目立つ場所に装着するといい。

LED警告灯はシステムが警戒中の間、3秒間隔で点滅する。視覚的な抑止力を高めるため、ハンドル回りなどの目立つ場所に装着するといい。

画像: 電源接続作業は梅本まどかちゃんに任せてみた。今回は「バッテリー端子はマイナス側から外す」という基本知識を覚えました。

電源接続作業は梅本まどかちゃんに任せてみた。今回は「バッテリー端子はマイナス側から外す」という基本知識を覚えました。

テスター太田安治の欲張りリクエスト

スイッチ操作が一切いらないという、面倒くさがり人間にはありがたい仕様。点滅によって作動を報せるLEDランプで視覚的な警告効果もある。あとはアラームの音量と発報時間の調整機能があれば言うことなし。

画像: 近接感知型リモコンの到達距離は約2〜10m。テストではライディングジャケットのポケットに入れたままでも反応した。

近接感知型リモコンの到達距離は約2〜10m。テストではライディングジャケットのポケットに入れたままでも反応した。

(写真/森 浩輔、モデル/梅本まどか)

問い合わせ

デイトナ
TEL.0120-60-4955

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.