地球の裏側でダカールラリーが中盤を迎えている1月中盤ですが、こちらでは幕張メッセいで行なわれている東京オートサロンに合わせ、2018年のホンダMS(=モータースポーツ)参戦体制発表がありました。2輪4輪を問わず、世界じゅうのレース体制ですね。先にお伝えしたように、2018年にはホンダワークスチームが復帰する全日本ロードレースの体制を中心にお知らせします。
本格的な全日本ロードレースの体制発表は2月中旬になりそうですが、まずは主要メンバーが発表されていますね。びっくりもチラホラ^^

■全日本ロードレース
 JSB1000クラス
TeamHRC            高橋 巧(28)
 Team桜井ホンダ         濱原颯道(22)
 Team SuP ドリームホンダ      山口辰也(41)
 モリワキMOTULレーシング     高橋裕紀(33)
                   清成龍一(35)
au&テルルMotoUPレーシング   秋吉耕佑(43)
MuSASHi RT ハルクプロホンダ  水野 涼(19)
ホンダAsiaドリームレーシング  ザクァン・ザイディ(22)

J-GP2クラス
TeamTARO PLUS-ONE      関口太郎(42)
Team高武RSC          岩戸亮介(20)
                  作本輝介(21)
Y!mobile Kohara RT       榎戸育寛(19)
MuSASHi RT ハルクプロホンダ   名越哲平(20)
KIMA RACING          伊達悠太(18)

ST600
Mistresa RT ハルクプロ      上原大輝(20)
BATTLE FACTORY        佐野優人(21)

JSB1000クラスは、2017チャンピオン高橋巧が、所属チームを「MuSASHi RT ハルクプロホンダ」から「TeamHRC」に変更します。もちろん高橋にとってはチーム移籍になりますが、17年シーズンまでも、ハルクプロにHRCスタッフのヘルプはがありましたから、ガラッと変更、っていうより、高橋にとっては住み慣れた隣のチーム、みたいな感覚かもしれませんね。JSBチャンピオンを迎え入れる新生ホンダワークスチームは今、チーム監督やチームスタッフをそろえている状況でしょうね。
ホンダワースチームが全日本ロードレースに出場しなくなって10年かな、最後は2008年だったと思うのですが、その間もHRCはもちろんマシン開発や製作、レース活動を続けていたとはいえ、全日本ロードレースのフル参戦チーム運営には10年近いブランクがありますから、チームスタッフがいないわけですからね。まずはそこから戦力を揃えている、という感じでしょう。

画像: これは2015年の日本GP 写真のマシンはホンダRC213Vですが、18年シーズンのCBR1000RRもこんなHRCカラーになるんじゃないかな、って予想です 写真のライダーは高橋です

これは2015年の日本GP 写真のマシンはホンダRC213Vですが、18年シーズンのCBR1000RRもこんなHRCカラーになるんじゃないかな、って予想です 写真のライダーは高橋です

サプライズのひとつ目は、桜井ホンダの全日本ロードレース復帰です。しかもライダーは、昨年ヨシムラスズキに抜擢され、JSB1000クラスにフル参戦した濱原颯道。濱原は17年シーズン、ルーキーながらランキング7位を獲得した期待の星だったはずですが、ヨシムラ契約は1年で終了……。うーん、ファンもたくさんついて、面白い存在だと思ったんですが……。今年はホンダCBRにマシンをスイッチ、桜井ホンダからのエントリーになります。ヨシムラは18年も2人ライダー体制をとるようですから、津田拓也のもうひとり、新加入のライダーがいるようです。正式発表を待ちましょう。

画像: 身長190cm、おじいちゃんが相撲取り、なんてエピソードが目立った濱原ですが、17年のルーキーofイヤーを獲得 ヨシムラに恩返しの勝利をめざそう!

身長190cm、おじいちゃんが相撲取り、なんてエピソードが目立った濱原ですが、17年のルーキーofイヤーを獲得 ヨシムラに恩返しの勝利をめざそう!

もうひとつのサプライズは、昨シーズンに鈴鹿8耐をメインに新結成され、伊藤真一が走った「TeamサップDREAMホンダ」に山口辰也が加入したことです。山口は、自ら東広島を本拠に「TOHOレーシング」を主宰していますから、そちらはJSB1000クラス以外のレース活動を続けるようです。山口の狙いは、地域に根差したクラブチームですから、全日本ロードレース以外のエリア選手権なんかにも、積極的に参加していくのでしょうね。
そして、アジア選手権SS600クラスのランキング2位を獲得したザクァン・ザイディが全日本JSBクラスにデビューします。本来ならば全日本を勝ち抜いてからアジア選手権、がレース格式としてはまっとうなんですが、まだまだ発展途中のアジア選手権、そこを勝ち抜いて日本→世界というルートも確立すると誇らしいですね。

17年のJ-GP2チャンピオン水野は、JSB1000クラスにステップアップ。チームは引き続きMuSASHi RT ハルクプロホンダです。水野が走ったJ-GP2クラスは、ST600とアジア選手権を走った名越が走ることになります。ほかJ-GP2クラスは、16年のST600チャンピオン榎戸が、モトバムホンダからコハラRTに移籍。J-GP3チャンピオン伊達悠太は、KALEXを使う新チーム「KIMA RACING」からJ-GP2クラスに参戦します。

画像: 左がモトバムホンダからコハラRTに移籍する榎戸、右はJ-GP2からJSB1000にステップアップする水野

左がモトバムホンダからコハラRTに移籍する榎戸、右はJ-GP2からJSB1000にステップアップする水野

ST600クラスへは、JP250からのステップアップ組がホンダサポートを受けることになります。JP250ナショナルのチャンピオン上原がミストレーサRTハルクプロから、JP250インターでランキング2位を獲得した佐野がバトルファクトリーから参戦します。


最高峰クラスへのワークスチームの復活、ヤングライオンのステップアップや脇を固めるベテランと、今年も各クラスでホンダ勢が前ライダーの標的となる、おもしろいレースが期待できそうです。各クラスのもっと詳細な内容は、もう少しで発表されると思います!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.