トライアンフ モーターサイクルズジャパン株式会社は2年連続、過去最高の年間登録台数を達成。2017年の登録実績は初めて1,800台を超える1,876台となった。
また、12月の登録台数は昨年対比で167%もの大幅な伸びを記録。単月で初めて200台を超え、過去最高となる211台を達成。(日本自動車輸入組合調べ)

画像: STREET TRIPLE RS ¥1,430,000-

STREET TRIPLE RS ¥1,430,000-

トライアンフの3つの戦略方針
「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」「販売店網の刷新」

トライアンフはブランドスローガン「プレミアム・モーターサイクル・ライフスタイル・ブランド」の実現に向け、3つの戦略方針「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」「販売店網の刷新」を軸に改革に取り組んでいる。

2017年の成功要因となった代表的な「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」の成果としては、3月に発売された「新型ストリート・トリプル」が挙げられる。同モデルに搭載されるエンジンをベースに2019年よりトライアンフが「FIM Moto2チャンピオンシップ」にエンジンを供給することもあり、発売以来高い注目と評価を得て販売台数増に貢献。最もスポーティーな最上級仕様のRSが大半を占めるなどスポーティーイメージや収益性の強化にもつながっている。
また、ブリティッシュ・クラッシック・カスタムの象徴として発売された「ボンネビル・ボバー」も、そのスタイリッシュなデザインとプレミアムな品質・高い走行性能でマーケットで人気を得て、 「GOOD DESIGN AWARD 2017」を受賞する等、ブランド・イメージの向上に大きく貢献すると共に、販売面でも当初想定の約3倍になる等「ブランド認知の向上」「新製品攻勢」の牽引役となっていう。
「販売店網の刷新」については、年初より「トライアンフ仙台」「トライアンフ横浜港北」「トライアンフ東京」「トライアンフ水戸」「トライアンフ広島」の5店舗が新規オープンし、販売だけでなく各地域でのブランド認知度の向上に大いに貢献。

画像: BONNEVILLE BOBBER ¥1,585,000~

BONNEVILLE BOBBER ¥1,585,000~

2018年も、「3つの戦略方針」を強化し、それぞれの分野でレベルアップ

2018年、「ブランド認知の向上」では、トライアンフ・ジャパン主催イベントに加え、新しくプレミアムに生まれ変わった 店頭でのイベントや試乗会等を強化することで、地域でのブランド認知を一層強化。
「新製品攻勢」については、2018年も多数の新型を投入する予定。
アドベンチャーモデルである「タイガー」を全面刷新し、排気量800ccと1200㏄の2モデルを同時に発表「トライアンフのアドベンチャーブランド」を「販売の柱」に成長させる。
「ボンネビル・ボバー」にカスタムの魅力を強化した「ボンネビル・ボバー・ブラック」を発売。そして「2シーター版」とも言える「ボンネビル・スピードマスター」を発売することで「ボバー・ファミリー」として販売の核にします。
「販売店網の刷新」では、主要都市に大規模な旗艦店を開設。更に主要既存店の改装で、ブランド全体のイメージ向上や新規顧客の獲得を一層加速し、将来の成長に向けた大きな足掛かりを築く。
又、各店舗のサービス体制や中古車販売の確立を進めるほか、販売プロセスの徹底を更にレベルアップし、その為の基幹システムとなる新CRMシステムも本年中旬に導入する予定。

画像: ALL NEW TIGER 800

ALL NEW TIGER 800

「販売台数が1,900台に迫るレベルとなりいまや、大型バイク実績では輸入車ブランド中トップ3に肩を並べることができたと実感する。まだまだやるべき事は多いが『顧客中心』を念頭に努力して来たことが実を結び始め、少しずつではあるが着実に市場での認知が高まって来た。今後もブランドスローガン『プレミアム・モーターサイクル・ライフスタイル・ブランド』として、バイクを通じた心躍る生活の提供を目指して行きたい」と代表取締役社長 野田一夫は2017年を総括しました。

画像: ALL NEW BONNEVILLE SPEEDMASTER

ALL NEW BONNEVILLE SPEEDMASTER

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.