ディザスター・アクション大作「ジオストー」』が1月19日(金)に全国公開。この度、本作の公開を記念してジャパンプレミアが丸の内ピカデリー1にて行われた。
画像1: 「ジオストーム」ジャパンプレミアイベント
上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみが
人生最大の“ジオストーム”な体験を語る!!

ジェラルド・バトラー主演、ディーン・デブリン監督(「インデペンデンス・デイ」)。ディザスター・アクション大作『ジオストーム』が1月19日(金)に全国公開。 本作の日本語吹き替えキャストには、主人公の科学者で気象コントロール衛星の開発者ジェイク・ローソン役(ジェラルド・バトラー)に俳優の上川隆 也さん、その弟で国務省職員のマックス役(ジム・スタージェス)に俳優の山本耕史さんが決定!名実兼ね備えた実力派俳優の2人が、反発し合いなが らも共に地球の危機に立ち向かう兄弟を熱演。さらに、マックスの恋人で女性シークレット・サービス・エージェントのサラ役(アビー・コーニッシュ)には、 なんとブルゾンちえみさんが大抜擢!”。“35 億“ならぬ”70 億人の命“を救うため戦う“スーパー・キャリアウーマン役。

1月9日、公開に先駆けジャパンプレミアが開催され、上川隆也さん・山本耕史さん・ブルゾンちえみさんの豪華日本語吹き替え版キャス トが舞台挨拶を。実はプレミアが行われた丸の内ピカデリーのある銀座は、映画の中でも<直径 5m 級の巨大な雹が直撃する>ド迫力満点のシ ーンの舞台にもなっている。

画像2: 「ジオストーム」ジャパンプレミアイベント
上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみが
人生最大の“ジオストーム”な体験を語る!!

日本語吹き替え版キャストの3名が揃ったのは、本プレミアが初。「映画が大好きなので、オファーをもらって本当に光栄でした!とても難しくて、 声の仕事をしている人を本当に尊敬しました!」と吹き替え初挑戦した感想を興奮気味に語るブルゾンさんに対し、「観ていてブルゾンさんを想 起しない程、ぴったりでした。(上川さん)」、「声が綺麗な方だとずっと思っていましたが、エキゾチックでツヤのあるセクシーな声の演技で本当にぴ ったりでした。これからもっとこういう仕事が増えそうですね。」と、ベテラン俳優である2名から大絶賛。「ほめ言葉の“全部乗せ“じゃないですか!」 と、笑顔を隠せない様子。

司会の案内で上川さんと山本さんがブルゾンさんを挟んで立ち、「ブルゾンちえみ with B」ならぬ 「ブルゾンちえみ with G」と盛り立てられると、ブルゾンさんは「ここから見える景色は格別ですね!2018年はwith Gでやっていきたいです(笑)」

映画にからめて“ジオストーム体験”<人生最大の危機>をそれぞれが披露。「これから舞台に立つという時に、 セリフを覚えていないという夢を年中見ます。(上川さん)」「舞台で共演者が出トチリをした時!(山本さん)」と、“役者あるある”を披露した2人に対 しブルゾンさんは「“キャリアウーマン”のネタに使用する紙を忘れたままやったことがあります(笑)」と、実に三者三様な“ジオストーム体験”で会場 を盛り上げた。

画像3: 「ジオストーム」ジャパンプレミアイベント
上川隆也、山本耕史、ブルゾンちえみが
人生最大の“ジオストーム”な体験を語る!!

『ジオストーム』 1月19日(金) 全国ロードショー
世界中が度重なる自然災害に悩まされている中、全世界の天候を制御する気象コントロール衛星が開発され、世界の天候は完璧に管理されて いた。ところが、ある日、衛星が暴走を始めた!リオデジャネイロが寒波に、香港が地割れに、ドバイが洪水に…想像を絶する空前絶後の災害が勃発! 地球はどうなる!? その時、科学技術者、ジェイクは仲間と共に地球の危機に立ち向かう。

© 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., SKYDANCE PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

This article is a sponsored article by
''.