φ25.4スチールパイプはハンドルクランプ品も装着可! 発売予定は2月下旬!

扱いやすい出力特性と、長時間走行も快適なアドベンチャースタイルで人気のスズキ Vストローム250用に、新型のパイプエンジンガードがデイトナから登場します。

今回発売される、ボルトオン装着可能なパイプエンジンガードは、大型の「Upper(1万7500円)」と、単品装着も可能な「Lower(2万円)」に分割されているのがポイント。また、パイプ径がクルーザーモデルのハンドルと同径のφ25.4なので、ハンドルクランプ用の用品も装着が可能なのです。

大きく張り出さずに、愛車を守ってくれるパイプエンジンガード。発売は2018年2月下旬の予定となっています。

画像1: 「Lower」装着例

「Lower」装着例

画像2: 「Lower」装着例

「Lower」装着例

画像1: 「Upper」+「Lower」装着例

「Upper」+「Lower」装着例

画像2: 「Upper」+「Lower」装着例

「Upper」+「Lower」装着例

画像3: 「Upper」+「Lower」装着例

「Upper」+「Lower」装着例

※商品説明
ボルトオン装着可能なφ25.4スチールパイプ製の強固なエンジンガード。立ちゴケ等の軽度な転倒に対し、エンジンやカウルへのダメージを軽減します。φ25.4のパイプはクルーザータイプのハンドルと同径なので、ハンドルにクランプする用品も装着可能。付属の樹脂パッド(リダクションスライダー)は軽度なダメージを吸収し摩耗時には交換可能です。
 
●スチール製マットブラック塗装仕上げ
Upper(97036)は単品装着不可。
Lower(97035)との同時装着が必要。
※Upper(97036)には、樹脂パッド(リダクションスライダー)は付属しません。

デイトナ 公式サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.