ナンディ小菅がお送りしている1週間も終盤戦!

インチネジが必要になったのでいつもの保谷部品へ。個人でも小ロットでも販売して頂けるのでいつも助かっています!

コストをかけていないと強く感じたのはシフトペダル。実は乗り始めた初日、家への帰り道に阿佐ヶ谷の太洋モータースさんによってシフトペダルの高さ調整をしようと思ったら調節機能が付いていないことに驚愕しました。慣れればまあ普通になりましたけども、万人の足と靴の形状に合わせられるようにした方が、やっぱりよろしいのではないでしょうかね?
 写真を撮っていて気付いたのですがメッキパーツが使われていないのは個人的に超グッド。先のインチバーやステップ周り、ライトのリムに至るまでも全てが塗り仕上げになっているのです。メッキの方が塗りよりも高いからこれもコストダウンの一つなのでしょうね。デザイン各部は古さと新しさをミクスチャーしたような感じに仕上がっています。ライトレンズにカット入りを使うなんて、今どきのバイクにしてはもはや珍しい! ウインカーだって電力消費が抑えられるLEDではなく、しっかりでっかいバルブ入り! 光り方も温かみがあるし、電球世代のおじさんにはむしろこっちの方が安心できます。

画像: インチネジが必要になったのでいつもの保谷部品へ。個人でも小ロットでも販売して頂けるのでいつも助かっています!

大きい荷物はバランス大事
杉並の太洋モータースへパーツを届けに。大きさと壊れモノだったので車で運んだ方が良かったのですがレブルで出動。テールランプのところにゴムを引っ掛けると安定することを発見!

5日目
杉並区から南大泉へ
34.2km走行(下道ゆっくり)

画像: 5日目 杉並区から南大泉へ 34.2km走行(下道ゆっくり)

HONDA REBLE250/ABS

1980年代に人気だった250クルーザーが、全くのニューモデルとして復活。タフでクールなスタイルと、軽量で取り回しやすい車体、トルクフルで扱いやすい単気筒エンジンによって、幅広い層のライダーにアピールすることを狙っている。

Color Variation:マットアーマードシルバーメタリック、レモンアイスイエロー、グラファイトブラック

●全長×全幅×全高:2190×820×1090㎜ 
●ホイールベース:1490㎜
●シート高:690㎜ 
●車両重量:168㎏/170kg(ABS)
●エンジン形式:水冷4ストDOHC4バルブ単気筒
●総排気量:249㏄ 
●ボア×ストローク:76.0×55.0㎜
●圧縮比:10.7:1
●最高出力:26PS/9500rpm 
●最大トルク:2.2㎏-m/7750rpm
●燃料供給方式:フューエルインジェクション 
●燃料タンク容量:11L 
●キャスター角/トレール量:28°/110㎜ 
●変速機形式:6速リターン 
●ブレーキ形式 前・後:シングル・ディスク 
●タイヤサイズ 前・後:130/90-16・150/80-16
価格=53万7840円/58万8600円(ABS)

http://www.honda.co.jp/Rebel250/

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.