小説? 温泉ガイド? バイク初心者の入門書?

画像1: 小説? 温泉ガイド? バイク初心者の入門書?

このあいだ「天竜川高校竜競部!」を紹介してからというものの、普段ノーマークだったバイクが題材の小説がちょっと気になるようになったんですよ。で、今度またまた読んでみました、今度は徳間文庫から出てる菅沼拓三さんの「俺はバイクと放課後に」です。

画像2: 小説? 温泉ガイド? バイク初心者の入門書?

この本は「天竜川高校竜競部!」と同じく、高校生がバイクに乗る話なんですが、大分雰囲気が違います。こちらはレースに出ないし、ましてや峠でバトルしちゃったり異世界に転生することもない、ごく普通の高校生の学園生活&バイクライフの話。しかし、何が私の心に引っかかったかって、帯に書かれてた「温泉ツーリング学園小説」という文字ね。なんとキャッチーで甘美な響き! 新たなジャンルの開拓というか、三題噺というか、この言葉の組み合わせにはなんというか可能性を感じさせられます。とにかくピーンと来ました。年末の1日を潰してやろうじゃないか、と。

「俺はバイクと放課後に」は実はシリーズで、11月に発売された「走り納め川原湯温泉」、12月に発売された「雪が降る前に草津温泉」、そして1月に発売される予定の「伊豆半島耐寒温泉ツーリング」と、3ヶ月連続で刊行されている真っ最中。とりあえず現在手に入る「走り納め川原湯温泉」「雪が降る前に草津温泉」を読んでみまることに。これがまた、なんというか今時っぽいですね、状況が。主人公の赤城一は埼玉県の普通の高校生で、周りにはほとんどバイク仲間がほとんどいない、っていうあたり、まあ今どきっぽい。で、学内で唯一のバイク仲間の文谷と温泉ツーリングにいくと…という導入なんですが、まずその目的地である群馬県の猿渡温泉の描写がまた細かい。というか、ストーリーの中で何度も北関東周辺にツーリングに出かけるんだけど、その目的地にはほとんど温泉がある。それは「温泉ツーリング学園小説」なんだから、必須の条件なんだけど,登場する温泉は全て実在しているそうで、その泉質の描写とかも全て温泉マニアでもある作者の菅沼さん自身の体験を反映したものだという。とてもマニアック、というかほとんど温泉ガイドみたい…。

その細かなこだわりは、温泉ばかりじゃないのが凄いところ。作中に登場するバイクのチョイスにも現れてて、主人公の赤木は自分と同い年の1995年式のCB400SF、友人の文谷はグラディウス400、あとVT400S、SR400、200デュークと、登場するのはほとんど普通二輪免許で乗れる400cc以下のモデル。まあ18歳にならないと大型取れないから当たり前なんだけど、なんというか等身大なバイクが並ぶ。それ以外にも装備のこと、免許取得のための手順、バイクを買う時の手続き、初心者をツーリングに連れて行くときの気配りとかまでキッチリと書かれてて、なんかもうバイク初心者の入門書になるんじゃないかというくらい。ここも菅沼さん自身のライダーとしての経験が行かされているということなんだけど、それがストーリーの中に自然に組み込まれてて、へぇ~っと思わされました。

画像3: 小説? 温泉ガイド? バイク初心者の入門書?

こういうしっかりしたバックボーンがあるから、小説として必要なお約束的ファンタジー要素が、違和感をあまり感じずに済むんだろうなぁ。例によって内容には深く触れませんが、冒頭のツーリングに行った先の温泉でたまたま出会った美少女・東御枝蓮が、同じ高校に通ってて高校でも話すようになり、さらにインターハイで女子ウェイトリフティングを制覇するアスリートの高里朋美、主人公の幼馴染でバイク屋の娘・ハルナ、文谷に告白した1年生の比嘉まで絡んできて…ハーレム展開というか、一歩間違うと徳間文庫お得意のお色気成分高めのサラリーマン小説みたいになるかと思いきや、なんせ学園小説。明朗なお話ですよ基本的に。でも、そんな日常を彩る学園小説要素もなかなか楽しめるんですね。2作目の「雪が降る前に草津温泉」のストーリーで出てくる学園祭、生徒会長選挙といった大きなイベントから、昼食や休み時間の風景までもう、とにかく楽しそうなんだよねぇ。あと、埼玉を中心にした北関東の道や風景の描写も、その辺割りとよく走る私はニヤニヤさせられたな。

結局、年忘れというか、大掃除も残った仕事も忘れて、この2冊をあっと言う間に読んじゃいました。とりあえず3冊目の「伊豆半島耐寒温泉ツーリング」の発売が楽しみです。間違いなく買います! あと、後書きで書いてる「全国展開」はどういうことなのか? さらに続きが書かれるということ? 全国をめぐる温泉ツーリング小説? 気になるなぁ。

俺はバイクと放課後に: 走り納め川原湯温泉 (徳間文庫)
菅沼 拓三
徳間書店 (2017-11-02)
売り上げランキング: 194,297
俺はバイクと放課後に: 雪が降る前に草津温泉 (徳間文庫)
菅沼 拓三
徳間書店 (2017-12-01)
売り上げランキング: 175,695
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.