トライアンフ モーターサイクルズ ジャパン株式会社は、次の内容をセーフティーリコールとして国土交通省へリコール届出をしました。

トライアンフモーターサイクルの電気装置において、レギュレーター配線の設計が不適切なため、その配線がレギュレーターブラケットと接触しているものがあります。そのため、走行振動等により被覆が損傷し、そのままの状態で使用を続けると、配線がショートし、電源が断たれ、最悪の場合、走行中にエンジンが停止し、再始動できなくなるおそれがあります。

トライアンフにとってライダーの安全が最も重要と考え、今般のリコールを発表しました。対象のモーターサイクルにはトライアンフ正規販売店にて無償で新品のレギュレーターの配線に交換するとともに、配線の取り回しを変更いたします。

トライアンフは全てのリコール対象のお客様へこのお知らせと最寄りのトライアンフ正規販売店に連絡していただくためのダイレクトメールを発信します。

【リコール届出番号 外-2573】

対象モデルおよび車台番号の範囲

型式

EBL-5J1050

通称名

「スピードトリプル S」
「スピードトリプル R」

リコール対象車の車台番号 の範囲及び製作期間

「スピードトリプル S」:
SMTTPN245GG739221 ~ SMTTPN245GH800055
平成28年1月6日~平成28年11月8日

「スピードトリプル R」:
SMTTPN255GG739237 ~ SMTTPN255GJ841009
平成 28年1月5日~平成29年5月22日

リコール対象車の台数

「スピードトリプル S」:13台
「スピードトリプル R」:90台

リコール対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれる場合があります。

お客様お問合せ先:トライアンフコール TEL 03-6809-5233

This article is a sponsored article by
''.