写真家・大浦タケシさんは「官能的なカメラ」を目にすると、つい手を出してしまうというカメラ好きならではの「悪い癖」がある。そんな大浦さんのコレクションを紹介していく月刊カメラマン2018年1月号との連動企画です。詳細な記事は12/20発売の月刊カメラマン1月号をご覧ください。

まずはインプレ動画をご覧ください!

画像: カメラマン2018年1月号「官能カメラ 奥の横道」ニコマートFT3 youtu.be

カメラマン2018年1月号「官能カメラ 奥の横道」ニコマートFT3

youtu.be
画像: ▲マウント外周部にはレンズの開放F値と絞り値を露出計に伝える露出計連動レバーを備える。露出計連動レバーは跳ね上げ式で、非Aiレンズの装着も可能としていた。エプロン部の縦長のレバーは、ミラーアップ用。

▲マウント外周部にはレンズの開放F値と絞り値を露出計に伝える露出計連動レバーを備える。露出計連動レバーは跳ね上げ式で、非Aiレンズの装着も可能としていた。エプロン部の縦長のレバーは、ミラーアップ用。

画像: ▲ISO感度は、シャッターリングにあるレバー先端の白いポッチを引くとロックが外れ設定できるようになる。知らないでISO感度を無理に合わせようとすると、壊れる可能性があるので注意。

▲ISO感度は、シャッターリングにあるレバー先端の白いポッチを引くとロックが外れ設定できるようになる。知らないでISO感度を無理に合わせようとすると、壊れる可能性があるので注意。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.