画像1: イタリアのテーマパークに「ドゥカティ・ワールド」を建設

リリースによると、ドゥカティ・モーター・ホールディングと、世界有数のレジャーパーク運営元であるパルケス・レウニドス(Parques Reunidos)の両社は、テーマパークのミラビランディア(Mirabilandia)内に新たに「ドゥカティ・ワールド」を建設することに合意しました。
ミラビランディアは、イタリアで2 番目の規模を備えたテーマパークで、パルケス・レウニドスが運営する数多くのレジャー施設のなかでも2 番目の来場者数を誇っています。

画像2: イタリアのテーマパークに「ドゥカティ・ワールド」を建設

「ドゥカティ・ワールド」が誕生することで、ミラビランディアには、モーターサイクルブランドをテーマに取り入れた最初のレジャーランドとしての魅力が追加されることになります。
ここでは一般の人々が、様々なアトラクションを介して、モーターサイクルのリアルな体験を得られるようになり、地元イタリアはもとより、国外のバイクファンも惹きつけるようになるでしょう。
計画されているアトラクションのなかには、来場者をドゥカティ・ライダーに変える新世代のローラーコースターや、シミュレーター、バーチャルリアリティ、子供向けのアトラクションなどが含まれています。
今回の合意ではまた、モーターサイクルの歴史を創造してきたドゥカティのアイコン・モデルの数々を展示するショールームも建設する方針が示されています。
さらに、「ドゥカティ・ワールド」には、特定のテーマを持ったレストランや、ドゥカティおよびドゥカティ・スクランブラーの公式アパレル製品や各種グッズを購入できるドゥカティ・ショップも併設される予定です。
今回の合意により、将来ミラビランディアを訪れる人たちは、エクスクルーシブかつ革新的なドゥカティの世界を体験できるようになります。
このプロジェクト実現のために3 万5 千平方メートルの敷地が確保されました。
開場時期は2019 年を想定しています。

画像3: イタリアのテーマパークに「ドゥカティ・ワールド」を建設
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.