新設計フレームにNEWサスペンション! ヘッドライトはLED化!

フロント二輪の新しいオートマチックコミューターを提案しているヤマハの「TRICITY(トリシティ)125」「TRICITY125 ABS」の2018年モデルが、2018年1月20日より発売開始。ヤマハの高燃焼効率に貢献するVVA(可変バルブ機構)を搭載した水冷4ストローク・124cm3“BLUE CORE”エンジンを搭載し、LEDヘッドランプやシート高765mmのメインシートを採用するなど装備の充実を図って登場する。価格はTRICITY125が394,200円(税込)、TRICITY125 ABSが432,000円 (税込)。

画像: TRICITY125 ABS ホワイトメタリック6(ホワイト)

TRICITY125 ABS ホワイトメタリック6(ホワイト)

画像1: 新設計フレームにNEWサスペンション! ヘッドライトはLED化!
画像2: 新設計フレームにNEWサスペンション! ヘッドライトはLED化!
画像3: 新設計フレームにNEWサスペンション! ヘッドライトはLED化!

2014年から販売を開始した「TRICITY125」および2015年から販売を開始した「TRICITY125 ABS」は、フロント二輪により、高い安定感を実現できるLMW(Leaning Multi Wheel)モデル第一弾。2018年モデルの主な特徴は、①高燃焼効率に貢献するVVA(可変バルブ機構)搭載の124cm3“BLUE CORE”エンジン、②乗り心地、足元スペースの拡大に貢献する新設計フレームと新サスペンション、③足付きを考慮したシート高765mmのメインシート、④高級感のあるLEDヘッドランプを採用するなど、大きく進化している。カラーはTRICITY125がホワイトメタリック6(ホワイト)とマットグレーメタリック3(マットグレー)、TRICITY125 ABSがライトシアンメタリック4(シアン) とホワイトメタリック6(ホワイト)をラインアップする。

画像: TRICITY125 ABS ライトシアンメタリック4(シアン)

TRICITY125 ABS ライトシアンメタリック4(シアン)

画像4: 新設計フレームにNEWサスペンション! ヘッドライトはLED化!
画像: TRICITY125 ホワイトメタリック6(ホワイト)

TRICITY125 ホワイトメタリック6(ホワイト)

画像: TRICITY125 マットグレーメタリック3(マットグレー)

TRICITY125 マットグレーメタリック3(マットグレー)

画像: もしもみんなの乗り物がLMWだったら 篇 youtu.be

もしもみんなの乗り物がLMWだったら 篇

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.