予約受付期間は、2017年11月27日から12月22日まで!

今年もレースベース車のニュースをお届けする時期になってきました。
そもそも「レースベース車」は、公道走行には必要だけど、サーキット走行車には不要なパーツをあらかじめ取り外し、おまけに国土交通省の認定を受けていないので、ナンバープレートの取得も出来ず、公道では走行不可なモデルたちなんです。保証の対象外製品ですし。カラーリングも後から塗装することが前提になっています。そして、基本的にはレースで使うことを前提としているため(中にはサーキットのスポーツ走行目的で購入する方もいます)、レースシーズンの終了に合わせて予約&販売が開始され、次のシーズンに備えられるようになっているんです。

で、今回アナウンスされたのがヤマハ「YZF-R1」の「レースベース車」です。今回のモデルは2018年モデルの欧州仕様がベースとなっており、クラッチ操作なしでもシフトダウン可能なクイック・シフト・システム(QSS)を新たに採用しているのがポイント。

また、購入特典のサーキット走行専用部品の「ワイヤーハーネスセット」と「ECU」(F.I.マッチングソフトウェア含む)は、本体とは別に送られてくるようです。

画像1: 予約受付期間は、2017年11月27日から12月22日まで!
画像2: 予約受付期間は、2017年11月27日から12月22日まで!
画像3: 予約受付期間は、2017年11月27日から12月22日まで!
画像4: 予約受付期間は、2017年11月27日から12月22日まで!

なお、今回のレースベース車は、フラッシャー、ヘッドライト、テールランプ等の灯火機類が装備された状態での出荷となるそうです。

予約窓口は全国の「ヤマハオン ロードコンペティションモデル正規取扱店」!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.