鈴鹿サーキットで2017年11月18日(土)・19日(日)に開催する「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」も残りあと1週間を切りました!新たに「マーチ761」が参加します。イベントには、合計2台の「マーチ 761」が参加!

「マーチ 761」は、量産レーシングカー・コンストラクターとして活動したマーチが1976年シーズン用に用意したマシンで、第2戦南アフリカGPからチームに加入したロニー・ピーターソンが、オランダGPでポールポジション、イタリアGPで優勝を飾るなど、随所で活躍をみせた車両となります。

8月10日付けでご案内した、「マスターズ・ヒストリック・フォーミュラ1 出場車両」の13台に加え、「LEGEND of Formula1」でご案内している「マクラーレン M23」、「ロータス 88B」、今回参加が決定した「マーチ 761」の合計16台で、走行イベント「LEGEND of Formula1 “Masters”」にてデモンストレーションが行われます。

「LEGEND of Formula1 “Masters”」開催日時

11月18日(土)
8:40~ 練習走行
10:40~ 練習走行
12:30~ デモンストレーション(5周 or 最大15分)
13:40~ 1Lapタイムアタック
11月19日(日)
11:10~ 練習走行
13:05~ LEGEND of Formula1 “Masters” デモンストレーション
(10周 or 最大20分)

今年の「RICHARD MILLE SUZUKA Sound of ENGINE 2017」では、F1マシン23台、Group C13台、WGP4台、その他レジェンドマシン・展示車両など、総勢300台を超える車両が集結します。それぞれの車両が奏でる「SOUND」をぜひその場で楽しんでみてはいかがですか。

This article is a sponsored article by
''.