防寒、防水、透湿で全天候に対応する快適ウェア!

画像: 作業用ウエアの無骨さはなく、カジュアルなフード付きブルゾンといった趣き。大型のポケット類も実用的だ。

作業用ウエアの無骨さはなく、カジュアルなフード付きブルゾンといった趣き。大型のポケット類も実用的だ。

作業用ウエアといえば質実剛健で低価格というイメージだが、現場で働く人たちの意識は
徐々に変化していて、着心地や付加機能、ファッション性に対する要望が増えているそうだ。
どうせ着るなら快適でカッコいいものを、というのはライダー用ウエアと同じ。

そんなニーズに応えて、寒い時期の現場作業用に開発されているワークマンのウエア。
中でも注目したいのが、今回紹介する「360°リフレクト透湿防水防寒」シリーズ。
デザインと機能は冬用のライディングウエアと重なる部分が多く、しかも価格は
ブルゾン4900円、パンツ3900円。上下で揃えても税込みで8800円という低価格だけに、
思わず欲しくなってしまうアイテムだ。

被視認性抜群のリフレクト機能もライダー向き!

画像: 大型のフードは取り外し可能。腕や腰のアジャスター類はないが、スッキリしたシルエットなので 寒い時期の普段着としてもOK。

大型のフードは取り外し可能。腕や腰のアジャスター類はないが、スッキリしたシルエットなので
寒い時期の普段着としてもOK。

現場作業を前提に開発されているだけにライディングウエアのようなプロテクター類は
入っていないが、それだけに動きやすくて軽快な着心地。安全に対する意識や要求レベルは
人それぞれだから、プロテクション機能を求めるならバックプロテクターや
チェストプロテクターと組み合わせればいいし、1サイズ大きめを買って手持ちの
ライディングウエアの上に重ねるという方法もアリだ。

表地は耐水圧8000mm、透湿度3000g/㎡24hの「濡れない・蒸れない」
性能を持っているし、縫製部分には防水テープもしっかり貼られている。
ボリュームのあるポリエステルの中綿とフリースの裏地、二重になっている前合わせで、
防寒性能は価格からは信じられないほど高いもの。

画像: 明るいところではほとんど判らないが、広い範囲に再帰性反射プリント生地を採用。 キラリと光って夜間の被視認性を高めてくれる。

明るいところではほとんど判らないが、広い範囲に再帰性反射プリント生地を採用。
キラリと光って夜間の被視認性を高めてくれる。

さらに広い範囲に360°再帰性反射プリントを採用して夜間の被視認性も確保。
明るい場所では反射プリントが目立たない仕様となっているので野暮ったさもない。
パンツもジャケットと同じ同じ透湿防水・保温仕様で、シューズを履いたまま着脱できる
裾ファスナーも備えている。この機能で上下合わせて8800円という価格は衝撃的。
売れて当然、という印象だ。

画像: ジャケットとパンツを合わせれば真冬の長時間走行でも寒さ知らず。価格設定も絶妙だ。

ジャケットとパンツを合わせれば真冬の長時間走行でも寒さ知らず。価格設定も絶妙だ。

ライディング用として見れば着丈や裾丈がやや短いとか、プロテクター類がないという
不満があるが、そもそも現場作業用のウエアなので、そこを突っ込むのは筋違い。
ライディング専用のウエアに匹敵する完成度と圧倒的低価格を評価したい。
ウエアメーカーさんには脅威でしょう。

360°リフレクト透湿防水防寒ジャンパー:4900円
360°リフレクト透湿防水防寒パンツ:3900円
サイズ:M、L、LL、3L、4L
カラー:マットブラック、マットネイビー、マットオレンジ

問い合わせ先:ワークマン
TEL.027-330-3322

(テスター:太田安治)

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.