随所にBMWらしさが散りばめられた個性派モデル

画像: 随所にBMWらしさが散りばめられた個性派モデル

BMWにはスクーターファミリーの「Cシリーズ」があり、
ダイナミックな走りが魅力のC650スポーツ、グランドツアラー指向の
C650GTの2機種と、電動モデルのCエボリューションをラインアップしていますが、
この400はそれに続くニューモデル。その名前の通り、400クラスに参戦する
BMW初のスクーターということになります。

全長2200mm、全幅835mmという車体は、400クラスで考えるとコンパクトな部類。
シート高は775mmなので、欧州仕様のままでも我々日本人にもマッチしそうです。
車重は204kg、燃料タンク容量は12.8リットルで、航続距離も期待できそうです。

兄貴分の650同様の高い実用性と多機能ぶり

画像1: 兄貴分の650同様の高い実用性と多機能ぶり
画像2: 兄貴分の650同様の高い実用性と多機能ぶり

強烈な存在感を主張しているのがフロントマスク。BMWらしい、左右非対称デザインの
LEDヘッドライトは、他のモデルとは違う個性を演出。スクーターながら、
GSシリーズを連想させる、ちょっとワイルドでスポーティなムードを醸し出します。

画像3: 兄貴分の650同様の高い実用性と多機能ぶり
画像4: 兄貴分の650同様の高い実用性と多機能ぶり
画像5: 兄貴分の650同様の高い実用性と多機能ぶり

6.5インチの大型TFT液晶メーターを採用し、12Vソケットも完備。
オプションでスマートキー「キーレスライド」や、スマホと連携してミュージックプレイヤーや
電話などのコントロールができる「BMWコネクテッド」機能も用意されます。
また、兄貴分のC650スポーツと同様に、停車時はトランクスペースの底部が
アコーディオン式に拡張し、ヘルメットを2個収納可能な「フレックスケース」で
実用性も大いに高めています。

エンジンは34HPのOHC4バルブ、足回りもスポーティ

画像1: エンジンは34HPのOHC4バルブ、足回りもスポーティ
画像2: エンジンは34HPのOHC4バルブ、足回りもスポーティ

エンジンは350ccのシングルで、OHC4バルブを採用。パワーは34HPを発揮。
フロントは15インチ化され、フォークは35mm径のテレスコピック、
ブレーキキャリパーにはブレンボグループのBYBREブランドの
ラジアルマウントキャリパーが採用されるなど、スポーツ指向の設定。

画像3: エンジンは34HPのOHC4バルブ、足回りもスポーティ

リアはコンベンショナルな2本ショックを採用して、コンパクトな車体ながら
トランクスペースを最大限確保。タイヤは14インチで、前後ともZR規格の
ラジアルタイヤを標準装備、パフォーマンスも重視した仕様としています。

価格や発売時期などの詳細は発表されていませんが、
G310シリーズに続く、BMWの世界を気軽に楽しめるスポーツスクーターは
日本の道にもマッチするはず。国内導入に期待しましょう!
詳細は次号・1月号でもご紹介しますのでお楽しみに!

画像: The new C 400 X with BMW Motorrad Connectivity. www.youtube.com

The new C 400 X with BMW Motorrad Connectivity.

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.