スポーツツーリングという用途でのベストを追求

多彩なモデルが揃うキムコのスクーター群の中で、軽快なハンドリングと、パワフルでしかも滑らかなフィーリングのエンジン、そして充実した装備などが高く評価され、スポーツツーリングモデルとして根強い人気を集めてきたマキシスクーターのエキサイティング400。EICMA2017では、モデルチェンジされた新型エキサイティングS400が発表された。

画像1: スポーツツーリングという用途でのベストを追求

新型エキサイティングS400は、スポーツツーリングという用途でベストを追求する多くのライダーからの厳しい要求に応えることを目標に開発された。スタイリングは、「パワフルシンプリシティ」というコンセプトに基いて一新。業界初のデイタイムランニングライトを搭載して視界を大幅に向上させるのと同時に、フロントマスクもよりダイナミックで印象的にチェンジ。LEDテールライトもフロントと同じく個性的なデザイン。流麗なボディラインと機能的なレイアウトと合わせて注目度は高いだろう。

画像2: スポーツツーリングという用途でのベストを追求
画像3: スポーツツーリングという用途でのベストを追求
画像4: スポーツツーリングという用途でのベストを追求
画像5: スポーツツーリングという用途でのベストを追求

機能性という点でも大きく進化した。シート形状を見直すことで足着き性を向上させ、サポートも拡大されて快適性をアップ。ユニークな2段式シート開閉機構の採用で、シート下収納の使いやすさは抜群。フロントスクリーンの高さは、様々な状況やライダーの体格の違いに対応するための簡単に手動で調節可能。これらの改良は、全て人間工学に基づき、究極の快適性を実現するためになされたものだ。

画像6: スポーツツーリングという用途でのベストを追求
画像7: スポーツツーリングという用途でのベストを追求
画像8: スポーツツーリングという用途でのベストを追求

エンジンは従来モデル以上に滑らかな感覚と、クラス最高の約36PSを発揮する水冷単気筒エンジン。混雑した街中では俊敏に加速し、高速道路では余裕のある高速巡航を可能とする。そんなパワーに合わせてエンジンとフレームをつなぐハンガーアクスルも再設計され、車体はより強固になった。フロントフォークも、スポーツバイクのようにトップブリッジまで貫通するタイプとなり、剛性を高めながら優れた動作性も確保。これらの改良によって、新型エキサイティングS400の操縦性と高速安定性はこれまで以上に高いレベルに引き上げられている。

画像9: スポーツツーリングという用途でのベストを追求

そして新型エキサイティングS400には、キムコが新しく開発中のNoodoeナビゲーションも搭載される予定。 Noodoeナビゲーションはライダーの安全に最大限に配慮して設計された、世界初のライダー向けナビゲーションシステムです。Noodoeナビゲーションの詳細は、2018年3月の東京モーターサイクルショーで発表される予定だという。

画像10: スポーツツーリングという用途でのベストを追求
画像11: スポーツツーリングという用途でのベストを追求

KYMCOジャパン 公式サイト

  

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.