H2ファミリー第2弾のコンセプトは
「ライトウェイト・スポーツ・ツアラー」!

画像: H2ファミリー第2弾のコンセプトは 「ライトウェイト・スポーツ・ツアラー」!

噂の「H2ツアラー」が、ついに姿を現しました!
カワサキがEICMA(ミラノショー)で今回発表した「ニンジャH2 SX」は、
H2シリーズのスポーツツアラー。ニンジャ1000の欧州仕様が「Z1000SX」と呼ばれるように
スポーツツアラーである証の「SX」を冠したネーミングで登場しました。

画像: NINJA H2SX(STD) メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー

NINJA H2SX(STD) メタリックカーボングレー×メタリックマットカーボングレー

画像: NINJA H2 SX(SE) エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック

NINJA H2 SX(SE) エメラルドブレイズドグリーン×メタリックディアブロブラック

スタイリングはH2の血統を色濃く残した独創的なフロントまわりが印象的ですが、
車体後半はしっかり実用性を考慮した、コンサバティブな構成。
セパレートシートも肉厚ですし、グラブバーも大型。もちろん、
パニアケースもしっかり装着可能です。

グレードは2タイプ用意されるようで、スタンダードとSEの2機種。
両者の違いは装備で、SEは2トーンカラー、ハイスクリーン、グリップヒーター、
TFTカラー液晶メーター、クイックシフター、KLCM、コーナリングライト、
センタースタンド、ニーパッドなどが標準装備されます。
これだけ違うと価格差もずいぶんありそうですね。ちなみにパニアケースは
両グレードともアクセサリー設定で、日本仕様はETC2.0も標準となります。

エンジンは全面新設計・バランス型スーパーチャージドユニット。
パワーは200PS(ラムエア過給時210PS)でも扱いやすさが違う!?

画像1: エンジンは全面新設計・バランス型スーパーチャージドユニット。 パワーは200PS(ラムエア過給時210PS)でも扱いやすさが違う!?
画像2: エンジンは全面新設計・バランス型スーパーチャージドユニット。 パワーは200PS(ラムエア過給時210PS)でも扱いやすさが違う!?

スーパーチャージャーを備えた「過給エンジン」を採用するのはH2と同じですが、
こちらはより扱いやすさを増したパワー特性を目指した、新設計の
「バランス型スーパーチャージャー」を採用。エンジン本体もピストンやヘッド、
吸排気ポート形状までH2とは異なるものを採用した、事実上の別物。
最高出力は200PS、ラムエア過給時は210PSを発揮しますが、
パワー特性はH2とは異なる、中域のパワーを重視したもの。

フレームもH2同様の鋼管トレリスフレームですが、タンデムやパニアケース装備も
視野に入れたレイアウトで、H2とはディメンションの異なる新設計もの。
サスペンションは前後フルアジャスタブルで、リアサスはツアラーらしく、
プリロードのリモートアジャスターを装備しています。

LEDコーナリングランプ、大型スクリーン、
クルーズコントロールなどツアラー機能も充実。

画像1: LEDコーナリングランプ、大型スクリーン、 クルーズコントロールなどツアラー機能も充実。

カワサキにはGTツアラーである、メガスポーツのZX-14R、
そしてあらゆるシーンで活躍する万能スポーツツアラーのニンジャ1000と、
すでに世界的な人気を誇るスポーツツアラーが2機種もありますが、
今回のH2 SXは、そのどちらにも似ていない個性が魅力。

ライディングポジションは14Rほど前傾したものではなく、
かと言ってニンジャ1000ほどアップライトではない、ちょうど中間の
弱前傾ポジションを設定。3モードのKTRCやフル、ミドル、ローの
3段階から選べるパワーモード、ローンチコントロール、
エンジンブレーキコントロールと、電子制御も充実して、扱いやすさに
磨きをかけています。とは言っても、そこは過給エンジン。
ここ一番の加速はH2を彷彿させる、強烈なものであることは間違いなさそうです。

画像: 写真のスモークスクリーンはオプション

写真のスモークスクリーンはオプション

画像2: LEDコーナリングランプ、大型スクリーン、 クルーズコントロールなどツアラー機能も充実。
画像3: LEDコーナリングランプ、大型スクリーン、 クルーズコントロールなどツアラー機能も充実。

ライト類はすべてLED。今回から、フロントのカウルサイドに
コーナリング時のバンク角に応じて点灯する、LEDコーナリングランプを
SEに採用しています。また、SEはハイスクリーンを標準装備、
クルーズコントロールやグリップヒーター(SE)も採用され、
ツアラーとしての機能性も相当な完成度となっています。

魅力満載の孤高のスーパーチャージドツアラー、ニンジャH2 SXの詳細は
次号1月号でもたっぷりご紹介しますのでお楽しみに!

ニンジャH2 SX 主要諸元
全長×全幅×全高:2135×775×1205(SEは1260)mm
シート高:835mm ※ローシートは15mmダウン
車重:256(SEは260)kg
最高出力:200(ラムエア過給時は210)PS/11000rpm
最大トルク:14.0kg-m/9500rpm
燃料タンク容量:19リットル
タイヤサイズ前・後:120/70ZR17・190/55ZR17

画像: Official Kawasaki Ninja H2 SX Studio Video - Supercharge Your Journey youtu.be

Official Kawasaki Ninja H2 SX Studio Video - Supercharge Your Journey

youtu.be
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.