オリンパスは「M.ZUIKO PRO」シリーズの「M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO」(35mm判換算34mm相当)と「M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO」(35mm判換算90mm相当)を発売する。PROシリーズ単焦点は「美しくにじむボケと高い解像力」が特長。ED17mm F1.2 PROは2018年1月下旬発売予定で希望小売価格は税別16万5000円。ED 45mm F1.2PROは2017年11月24日発売で希望小売価格は税別16万5000円。詳細は以下URL参照

https://www.olympus-imaging.jp/product/dslr/mlens/f12pro/

●主な特長


美しくにじむボケと高い解像性能を高次元で実現した描写力
高速かつ高精度なAF
小型軽量/防塵防滴・耐低温(-10℃)性能による機動力

すでに発売中の「M.ZUIKO DIGITAL ED 25mm F1.2 PRO」(35mm判換算50mm相当)と合わせて3本の単焦点PROシリーズが揃った。

M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO

▲鏡筒の距離指標はMF使用時にした時に現れる。

www.olympus-imaging.jp
画像: ▲M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROのレンズ構成。 www.olympus-imaging.jp

▲M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PROのレンズ構成。

www.olympus-imaging.jp

M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PRO

▲こちらもMFで使用時に距離指標が表示された状態。

www.olympus-imaging.jp
画像: ▲M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PROのレンズ構成。 www.olympus-imaging.jp

▲M.ZUIKO DIGITAL ED 45mm F1.2 PROのレンズ構成。

www.olympus-imaging.jp

「美しくにじむボケ」とは?

オリンパスによる「美しくにじむボケ」とは「ピント面からアウトフォーカス面にかけてにじむように溶けていき、背景も滑らかに描写され、人物などの主要被写体により一層の立体感を感じさせるボケ」を目指した。

画像: ▲これがオリンパスの超精密収差測定器

▲これがオリンパスの超精密収差測定器

美しくにじむボケを実現するために、ボケを収差レベルで測定する収差測定器を用いています。同社の顕微鏡開発で培った超精密収差測定器により、収差を極限まで抑えるレンズ開発だけではなく、美しいボケの質のために最適な収差を残すレンズ開発を実現したという。

画像: ▲これがオリンパスの誇るM.ZUIKO DIGITAL PROシリーズ。これで9本のラインナップとなった。

▲これがオリンパスの誇るM.ZUIKO DIGITAL PROシリーズ。これで9本のラインナップとなった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.