メルセデス・ベンツと並んでダイムラー社の一角を担うsmartが、進化の方向性を示すコンセプトカー「smart vision EQ fortwo」を出展した。独自路線を進む同社が考えるクルマの未来とは。
画像: 【速報・smart】ハンドルがない、ブレーキもない、所有もできない究極のシェアリングカー【東京モーターショー2017】

自動車の買い方から乗り方、移動方法まで、あらゆる新提案を持ってきたsmart

この東京モーターショー2017にsmartの責任者、アネット・ウィンクラー氏が来日し壇上で「ダイムラー社が提唱する戦略“CASE”を実現する最初のモデルがsmart vision EQ fortwoです」と未来のシティコミューターを紹介した。

画像: 自動車の買い方から乗り方、移動方法まで、あらゆる新提案を持ってきたsmart

このsmart vision EQ fortwoにはハンドルもブレーキも、クルマの操縦に関するパーツはなく、一般ユーザーが所有することもできないEVモデルである。つまり自動運転で走るシェアリングモービルであるということだ。さらに、ビッグデータを活用して、カーシェアの需要の高い地点へクルマを向かわせるという通信機能も持っている。

ダイムラー社が戦略として掲げている「CASE」C:コネクテド・通信、A:自動運転、S:シェアリング、E:電動化の4つすべてを1台に詰め込んだモデルである。

面白いのはクルマとしての機能の部分ではない。スタッフによると透明なドア(ウインドウ)部分はディスプレイとなり、広告や天気予報などの映像を流すことも、さらに災害によって停電するなど信号機が機能しない場合に、テールライトがその役割を担うこともできるという。“操る”というこれまでのクルマの楽しみとは違う、新たな価値を生み出そうとしているsmart vision EQ fortwoの今後の展開から目が離せない。

面白いといえば、クルマのオンライン販売もはじめたこともトピックだ。今回展示されていた限定車2台が対象となる。smart フォーフォーをベースに、SUVテイストのパーツを装備したフォーフォーターボ クロスタウン リミテッドと高性能なオープントップモデルのブラバス フォーフォー キャンバストップ リミテッドだ。

注文・決済まではオンラインで行う。ここまでは想像できるが、その後の捺印の必要な登録書類などは専門のスタッフと郵送でやり取りするのだという。あとは納車を待つだけ。寂しい気持ちもするが、効率やコストを考えたらこちらの方が圧倒的に有利だ。対面販売がなくなることはないだろうが、未来のモビリティの買い方のひとつとなっていくのかもしれない。

This article is a sponsored article by
''.