渋いツヤ消しブラックのボディが精悍なGR ハイブリッド スポーツコンセプト。ピュアコンセプトと思いきや、搭載した技術は近い将来に実現されるかも知れないという。
画像: ベースは86だが、フロントはTS050をイメージして大胆にモディファイされている。

ベースは86だが、フロントはTS050をイメージして大胆にモディファイされている。

WECに参戦中のHVレーシングカー「TS050」にインスパイアされたというコンセプトカー。ツヤ消しの渋いボディカラーがとにかく精悍。ベースは86だが、スープラやヨタハチでおなじみの「エアロトップ」を採用するなど、歴代トヨタスポーツカーのイディオムも上手に採り入れられている。

画像: 6速のトランスミッションはそのままに、大容量キャパシタから供給される電力で駆動されるモーターの出力をミックスする新しいハイブリッドシステム。実現する可能性はかなり高そうだ。

6速のトランスミッションはそのままに、大容量キャパシタから供給される電力で駆動されるモーターの出力をミックスする新しいハイブリッドシステム。実現する可能性はかなり高そうだ。

さすがに市販はないだろうと思いきや、開発陣はここに搭載されたハイブリッド・システム=「THS-R」を市販車にフィードバックすべく社内を説得して(?)回っているという。THS-Rは、現在、トヨタが市販車に採用しているTHS Ⅱと異なるハイブリッド・システム。大容量キャパシタに蓄えた電気を使う一種のモーターアシストだ。これをスポーティなクルマに搭載したい、ということらしい。

となれば、その有力候補は次期86? これは結構期待できるかも知れないぞ!

画像: 斬新なデザインを採用したリアまわり。マフラーはセンターに移動している。

斬新なデザインを採用したリアまわり。マフラーはセンターに移動している。

This article is a sponsored article by
''.