世界累計の生産台数が、ついに1億台を突破したスーパーカブを、初代型C100のフォルムと環境規制をクリアする125ccエンジンでデザインしたというコンセプトモデル。

フットワークは前後キャストホイールとディスクブレーキで、スマートキーや電動でオープンするシートなど「今どき」の装備も加味してアピール。気になる125ccエンジンは、これがスーパーカブの未来的グローバルスタンダードな排気量なのでは? と思わせるのだけど「今回、2段構えのキャタライザーと新設のオイルフィルターなどでユーロ4をクリアした新型50と110と、このC125とは、コンセプトが異なるのです」とは関係者の弁。

(※スーパーカブシリーズの生産台数について誤りがありましたので、修正させて頂きました。ご迷惑をおかけした皆様、大変失礼致しました。)

画像1: 懐かしのC100をオマージュ!
HONDA Super Cub C125(コンセプトモデル)
画像2: 懐かしのC100をオマージュ!
HONDA Super Cub C125(コンセプトモデル)
画像3: 懐かしのC100をオマージュ!
HONDA Super Cub C125(コンセプトモデル)
画像4: 懐かしのC100をオマージュ!
HONDA Super Cub C125(コンセプトモデル)
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.