6⽉に南フランスのビアリッツで開催されたカスタムバイクの祭典、「Wheels and Waves」(ホイール・アンド・ウェーブス)に出品した新型ドゥカティ スクランブラーMach 2.0(以下、マッハ 2.0)が 2017年10⽉16⽇(本日)よりドゥカティジャパンネットワーク店で発売開始しました。

ドゥカティ スクランブラー マッハ 2.0

マッハ2.0の名前は、1960年代のドゥカティ史に名を残すバイクに由来しています。ドゥカティは、1965年にMach 1 250(マッハ 1 250)を発売。伝説的なこのバイクは、当時発売されていたスクランブラー250と同じエンジンを搭載していました。マッハというネーミングは、スピードと動きの象徴として採⽤されました。

マッハ 2.0 の主な特徴
・低い位置に設置され、滑らかな曲線を描くテーパード・アルミハンドルバーを装着
・フラット・トラック・プロからインスピレーションされた専⽤シート
・ブラック・エグゾースト&シリンダーヘッド・カバー
・カフェレーサー・スタイルのつや消しクーリング・フィン
・専⽤カラーリング

有名なカリフォルニアのデザイナー、ローランド・サンズの⼿になる新鮮なグラフィックは、Bell
Cross Idol ヘルメット(ドゥカティ スクランブラー2017 アパレル・コレクション)からヒントを得たもので、1970年代の典型的なウェストコースト・スタイルを連想させるカラーが特徴です。

見た目も性能もイケてるドゥカティ スクランブラー マッハ。今日から発売中です!

詳しくは公式サイトでもチェックチェック〜!!

This article is a sponsored article by
''.