10月11日、「第10回タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」写真展のオープニングセレモニーが行われた。後援のさいたま市清水市長の挨拶から始まり、来賓挨拶、各賞の表彰、審査員である広田尚敬氏と矢野直美の総評の後、後援となったさいたま市、さいたま市教育委員会、さいたま商工会議所からの来賓と主催の株式会社タムロン鯵坂社長によるテープカットのセレモニーが実施されて写真展会場がオープンとなった。
画像: オープニングセレモニーでのテープカット。左から「そごう大宮店小山店長」「「さいたま商工会議所佐伯会頭」「さいたま市清水市長」「さいたま市教育委員会竹居部長」「(株)タムロン鯵坂社長」

オープニングセレモニーでのテープカット。左から「そごう大宮店小山店長」「「さいたま商工会議所佐伯会頭」「さいたま市清水市長」「さいたま市教育委員会竹居部長」「(株)タムロン鯵坂社長」

「鉄道の町」大宮で鉄道写真に浸る、というのはどうでしょう?

第10回となる今回は応募5809点、出品者1523名と多数の応募があり、その中の入選作品93点が展示されている。どの応募作もレベルが高く、審査員の先生方も二日がかりで選定した力作ばかりだ。写真展が行われる大宮は鉄道博物館があり、また6路線の新幹線発着駅として鉄道と大変ゆかりが深い。その「鉄道の町」といえる大宮(さいたま市)の地域活性化と鉄道文化への貢献を担ったこの写真展は、今後も地元のタムロンと一緒にますます盛り上がっていくだろう。

画像: 大賞を受賞した竹端榮さん。奥様と一緒に参加されていました。とても幻想的な作品に仕上がっていました。

大賞を受賞した竹端榮さん。奥様と一緒に参加されていました。とても幻想的な作品に仕上がっていました。

画像: 小・中・高校生の部大賞の岡優成さん。14歳と思えないような作品でびっくりした。

小・中・高校生の部大賞の岡優成さん。14歳と思えないような作品でびっくりした。

画像: ユーモアフォト賞の葛谷歩加さん。モデルとなった妹さんと一緒に参加。

ユーモアフォト賞の葛谷歩加さん。モデルとなった妹さんと一緒に参加。

「第10回タムロン鉄道風景コンテスト 私の好きな鉄道風景ベストショット」入賞作品写真展・開催概要

会期も長く、入場も無料ということなので是非見に行ってみよう。一駅電車に乗れば鉄道博物館にも行けます。

会期:2017年10月11日(水)~31日(火)
会場時間10:00~20:00
会場:そごう大宮店 3階特設会場
入場料:無料
主催:株式会社タムロン
後援:さいたま市、さいたま市教育委員会、さいたま商工会議所
展示作品:一般の部(大賞から佳作まで)45作品、小・中・高校生の部(同)45作品、ユーモアフォト賞1作品、タムロン賞1作品、車輛写真賞1作品
総合93作品を展示

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.