現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はCセグメントモデルにスポットを当てているが、今回は「プジョー308SW」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: プジョー308SW  アリュール ブルーHDi。最高出力180psのディーゼルエンジン搭載車だ。

プジョー308SW アリュール ブルーHDi。最高出力180psのディーゼルエンジン搭載車だ。

ACCでロングランも安心で楽しい

ハッチバックと美点を共有するステーションワゴンモデル。標準時610L、最大1600L越えのラゲッジルーム容量はもとより、プジョー得意の全面ガラスとなるパノラミックルーフが選択可能で、ファミリーユーザーへの適性度が高い。

イナーシャの少ない小径ハンドルは一般的な電動パワーステアリングの弱点を感じさせない微舵領域の仕立てで、ワインディングも都市部でも気持ち良い。308同様にACCは全車標準、長距離クルージングも安心だ。

注目ポイント:ディーゼルエンジンは2タイプある。長距離を走る機会が多いユーザーならJC08モード燃費21km/L 超えの1.6Lディーゼルがオススメ。動力性能的にも痛痒感はない。

プジョー308SW 主要諸元

全長:4585mm
搭載エンジン: 1.2L 直3ターボ/1.6L直4ディーゼルターボ/2L直4ディーゼルターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:6速AT

This article is a sponsored article by
''.