現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はCセグメントモデルにスポットを当てているが、今回は「プジョー308」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: プジョー308 GT ブルーHDi。最高出力180ps、最大トルク400Nmのディーゼルエンジンを搭載する。

プジョー308 GT ブルーHDi。最高出力180ps、最大トルク400Nmのディーゼルエンジンを搭載する。

バランス感覚に優れる

強豪ひしめくCセグメントハッチ界にあっても、新世代EMP2プラットフォームと、208にも搭載された1.2L 3気筒“ピュアテック”ターボ、そして6速ATが織り成すダイナミクス性能は一線級だ。

フランス車の美点である高速直進安定性を維持しつつ、タウンユースでのフレキシビリティにも長ける駆動系など、総合力でクラスのベンチマークであるゴルフをもしのぐ実力を備えている。クリーンディーゼルの追加により308と308GT系に整理された。

注目ポイント:通常モデルはアリュールの「ガソリン」、「ディーゼル」というシンプルな体系をとる。17年に日本上陸となったディーゼルは、燃費、パフォーマンスともに満足できる。

プジョー308 主要諸元

全長:4260mm
搭載エンジン:1.2L直3ターボ/1.6L直4ディーゼルターボ/2L直4ディーゼルターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:6速AT
車両価格:2,790,000~3,540,000円

画像: プジョー308 GTi。個性的なツートンカラーだ。

プジョー308 GTi。個性的なツートンカラーだ。

実用性にも優れた痛快ホットハッチ

308をベースにハイチューン版の2L直4ターボを搭載したホットモデル。ともに左ハンドルで270psと250ps仕様が用意され、特徴的な2トーンのボディカラー「クープフランシュ」は270専用オプション。

その他、前後トレッド、フロントブレーキ、トルセンLSD(270のみ)など細部が異なる。JC08モード燃費も15.5km/Lの250に対し、270は15.9km/Lとなる。高性能で脚さばきのしなやかさが光る、実用性、汎用性の高いスポーツモデルだ。

注目ポイント:現在はクリーンディーゼル導入に伴い2Lディーゼルに一本化された。2000rpmで400Nmというトルク特性で、フォーマルなルックスに相応しい走行感覚を得ている。

プジョー308 GTi 主要諸元

全長×全幅×全高:4260×1805×1455mm
搭載エンジン:2L直4ターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:6速AT
車両価格:3,850,000〜4,360,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.