トライアンフモーターサイクルズジャパン株式会社では、トライアンフ115年の歴史の中でもそのミニマルにそぎ落とした究極の美しさで、 圧倒的な支持を得たBonneville Bobberに続き、“よりダークで、より低く、より力強い” Bonneville Bobber Blackを新たに発表しました。

Bonneville Bobber Black

画像: Bonneville Bobber Black

2017年に投入されたBonneville Bobberは世界中で高い評価を受け、数多くの賞を受賞し、世界中のファンから愛されています。戦後のオリジナルBobberのムーブメントにインスパイヤされたBonneville Bobberは、 性能を最大限に引き出すために極限までチューニングされ、ハードテールバイクの純粋なエッセンスだけを残すという、素晴らしいハンドクラフトのカスタムスタイルと、スリリングなホットロッドの乗り心地を実現しています。Bobber専用にチューンされた高トルク型Bonneville 1200ccエンジンを搭載し、Bonneville Bobberは世界中で好評となっています。

最もパワフルで軽量なバイク作りはトライアンフの目指す原点であり、新しいBonneville Bobberは、その意味で正真正銘の本物であるといえます。

そして、トライアンフはBonneville Bobber Blackの登場で、“Bobber” をさらに進化させました。

正統派のカスタムスタイルは、より力強く印象的なスタイル、際立つ存在感と伝統的なBobber シルエットにより、Bobber BlackはBobberのロー&マッスルでミニマルなスタンスが、ひときわ目を引くデザインとなっています。Bobberのクラシックな特徴をすべて備えながらも、Bobber Blackのシングルシートハードテールの外観には、直感的なハンドリングをもたらすワイドフラットハンドルバー、ミニマルな車体、 Bonnevilleタンク、センターリッジ付きミニマルマッドガード、オーセンティックなワイヤスポークホイールが組み合わされています。

Bobberの美しいディテールのすべてを継承しながら、Bobber Blackは伝統にインスパイヤされたカバーと ステンレススチール製ストラップ付きの本格的なバッテリーボックス、クラシックな「ドラムブレーキ」風リアハブ、リアマッドガードループ、サイドマウントイグニッションバレル、バーエンドミラー、キーロック付フューエルキャップを装備しています。さらに、美しくデザインされたトップヨーク、キャブレタースタイルのツインスロットルボディ、およびグロスブラックのビュレットインジケーターを備えています。

魅力的な2つのカラーオプションで展開されるBobber Blackは、クラシックなグロスジェットブラックまた はスタイリッシュでモダンなマットジェットブラックのいずれかが選択できます。

販売価格は未定ですが、日本での発売は2018年初春を予定ですので、ぜひお楽しみに。

This article is a sponsored article by
''.