「モンキー 125」や「クロスカブ」など、ワールドプレミアモデル(世界初公開モデル)が目白押し!

今年もいよいよモーターショー情報が盛り上がってきました! その一発目として、「第45回東京モーターショー2017」(プレスデー:10月25日〜26日、一般公開日:10月27日〜11月5日)のホンダブースで出展される概要が明らかになりました!

まず最初に注目するのは世界初登場となるコンセプトモデルの「Honda Riding Assist-e(ホンダ・ライディング・アシスト・イー」。これは超低速走行時にバイク自体がバランスを取ってくれるシステムで、大注目の技術。今年はじめに海外のショーで展示されたモデルを、さらに熟成しているようです!

画像1: Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

画像2: Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

画像3: Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

画像4: Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

画像5: Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

Honda Riding Assist-e(コンセプトモデル)

画像1: 「モンキー 125」や「クロスカブ」など、ワールドプレミアモデル(世界初公開モデル)が目白押し!
画像2: 「モンキー 125」や「クロスカブ」など、ワールドプレミアモデル(世界初公開モデル)が目白押し!

CES2017より

画像: Honda Riding Assist youtu.be

Honda Riding Assist

youtu.be

ホンダブースに出展される二輪車 (★はワールドプレミア、☆はジャパンプレミア)

コンセプトモデル
●Honda Riding Assist-e<★>
●スーパーカブ110 1億台記念車<★>
●スーパーカブ C125<★>
●モンキー 125<★>

市販予定モデル
●クロスカブ 110<★>
●CRF250 RALLY<☆>
●CB1300 SUPER BOL D'OR
●CB400 SUPER FOUR
●スーパーカブ 50
●スーパーカブ 110

市販モデル
〇CRF1000L Africa Twin<DCT>
〇CBR1000RR SP
〇X-ADV
〇CB1100 EX
〇レブル250

カスタマイズコンセプトモデル
●CB1100 RS カスタマイズコンセプト<☆>
●CBR250RR カスタマイズコンセプト<☆>
●レブル250 カスタマイズコンセプト<☆>
レーシングマシン
●RC213V(2017年ロードレース世界選手権 MotoGPクラス出場車)
●CRF450RW(2017年全日本モトクロス選手権 IA-1クラス出場車)
●COTA4RT(2017年トライアル世界選手権 出場車)

ヒストリーモデル
●スーパーカブ C100(1958年)
●ホンダ CA100(1962年)
●ホンダ C310(1963年)
●スーパーカブC50(1966年)
●CT110(1981年)
●スーパーカブ50 スーパーカスタム(1983年)

画像1: Super Cub 50(市販予定モデル)

Super Cub 50(市販予定モデル)

画像2: Super Cub 50(市販予定モデル)

Super Cub 50(市販予定モデル)

画像: Super Cub 110(市販予定モデル)

Super Cub 110(市販予定モデル)

最新モデルの画像は、届き次第順次公開しますので、お楽しみに!

Honda 東京モーターショー 2017 特設サイト

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.