現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。現在はA、Bセグメントのコンパクトカーにスポットを当てているが、今回は「ルノートゥインゴ」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: ルノー トゥインゴ インテンス。90psを発揮する0.9L 直3ターボを搭載する。

ルノー トゥインゴ インテンス。90psを発揮する0.9L 直3ターボを搭載する。

スマート フォーツーと兄弟車

車体骨格やパワートレーンをメルセデスベンツとのアライアンスの元で開発、初のRRレイアウトを採用した。

デビュー時は装備充実のインテンスのみの設定だったが、シンプルな装備で価格を抑えたゼンの設定に合わせて、1L NAを搭載し5速MTを組み合わせたルノーらしい1台をカタログに追加した。

画像: ポップなカラーアレンジで、エンタメ感たっぷりの室内が完成した。

ポップなカラーアレンジで、エンタメ感たっぷりの室内が完成した。

搭載されるエンジンはH4Dと呼ばれる直列3気筒998ccで52ps/91Nmと控えめなものだが、0.9L直噴3気筒ターボ+EDCに装備されるバリアブルギアレシオステアリングや、ECOモードが省略されるなどの相違点もある。

その他、オンボードコンピュータの表示やナビ機能、電話による通話やウェブラジオなどのAV機能を備えた「R&Goアプリ」対応ラジオも初採用した。

注目ポイント:MTモデルがカタログにラインナップされたことは、朗報と言っていい。すべてのグレードの中で最軽量となる960kgのボディと合わせて、運転の楽しさが際立つモデルなのだ。

画像: フロントシートはヘッドレスト一体型。見た目もおしゃれだ。

フロントシートはヘッドレスト一体型。見た目もおしゃれだ。

ルノー トゥインゴ 主要諸元

全長×全幅×全高:3620×1650×1545mm
搭載エンジン:0.9L直3ターボ/1L直3
駆動方式:RR
トランスミッション:5速MT/6速DCT
車両価格:1,710,000~1,990,000円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.