現在、日本では31ブランドの輸入車を購入することができる。この連載企画ではそれをジャンル毎に紹介していく。今はA、Bセグメントのコンパクトカーにスポットを当てており、今回は「プジョー 208」をピックアップした。(Motor Magazine Mook「輸入車年鑑 2017」より)
画像: プジョー 208 GTi。最高出力208psのエンジンを搭載するホットハッチ。

プジョー 208 GTi。最高出力208psのエンジンを搭載するホットハッチ。

魅力が凝縮されたコンパクトボディ

先代の207譲りのプラットフォームだが、ホイールベースを変えずにボディ外寸を大幅に小型化、真の意味で"ダウンサイジング"を果たしたBセグメントハッチ。フローティンググリルなどに象徴される新デザインで質感も大幅に向上した。

デビュー当初は1.2Lの3気筒NAにロボタイズドMTを組み合わせたが、モデル後期からはPSA自慢のエンジン・オブ・ザ・イヤー常連の1.2L 3気筒直噴ターボにアイシンAW製6速ATを組み合わせている。

注目ポイント:スタイルにはNAエンジン仕様の5速MTも用意されている。これを普段のアシに使い倒すのもフランス車らしくオシャレ。直3ターボのアリュールを優雅に乗るのも愉しい。

プジョー 208 主要諸元

全長:3975mm
搭載エンジン: 1.2 直3/1.2L直3ターボ/1.6L直4ターボ
駆動方式:FF
トランスミッション:5速MT/6速AT/6速MT
車両価格:1,990,000~3,686,600円

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.