ドイツの敗戦に終わった第二次大戦。デンマークに置き去りにされたドイツ軍の少年兵たち。
彼らと同じくとり残されたのは、デンマークの西海岸に埋められた200万個の地雷。捕虜となった少年兵達は、その地雷の撤去作業を命懸けで行うことを強いられるが・・・。
歴史の影に埋もれかけた忌まわしい事実を基に作られた、真実の物語。

あらすじ:ナチス・ドイツ敗北のあとに敵地に残された少年兵達の過酷な運命

1945年5月。デンマークはナチス・ドイツによる5年間の占領から解放された。しかし、海岸線からの連合軍の侵入を恐れたドイツ軍が残した無数の地雷はそのまま残り、除去するには命懸けの作業が必要であることは明白だった。

そこでデンマーク政府は、国内にとり残されて捕虜となっていたドイツ軍の少年兵を駆り出し、除去作業を行うことを命じたのだった。デンマークの軍人ラスムスン軍曹は、ナチスへの怒りと憎悪を抱えていたものの、少年たちに対する過酷な任務を与えることに疑問を覚える。少年たちは作業が終わり次第祖国に戻れると信じていたものの、地雷の暴発で一人二人と斃れていき、そのあまりに危険な任務を彼らに負わせることを、非人道的と考え始めたのである。

しかも、危険な任務に従事しながらも、彼らにはろくな食事が与えられることがなく、深刻な飢餓と栄養失調に悩まされていた。ドイツ人だから、ナチスの一員だったからといって、年端もいかぬ少年たちをここまで追い詰めていいのか?ラスムスン軍曹は悩み始める・・・。

憎悪と復讐心に駆られた人間が見せる、恐るべき残虐な仕打ちを直視できるか

初めは冷酷に少年兵に対していたラスムスン軍曹だったが、空腹と戦い、屈辱的な扱いに耐える少年たちに、徐々に同情し始める。しかし、その行為は、ナチスを憎むあまりに残虐な復讐心に駆られる他のデンマーク人たちには理解されない。そして、徐々にラスムスン軍曹の立場は悪くなっていく・・・。そして、担当地区の任務を終えた少年たちが、帰国を許されずに、他の海岸地区に派遣されるとわかった時、ラスムスン軍曹が下した決断とは・・・・??

憎悪はどこまで人間を残酷にするのか。理由さえあれば、復讐は許されるのか、悪虐な仕打ちに対する報復はどこまで許されるのか。本作は、あまりに深すぎて答えの出しようがない、根源的な問いを投げかけるヒューマンドラマである。

画像: 映画『ヒトラーの忘れもの』予告編 www.youtube.com

映画『ヒトラーの忘れもの』予告編

www.youtube.com

This article is a sponsored article by
''.