スズキは、1.4L直噴ターボエンジン、軽量高剛性なボディー、新開発サスペンション等の採用により圧倒的な動力性能とハンドリング性能を実現し、クルマを操る楽しさをさらに高めた小型乗用車 新型「スイフトスポーツ」を、9月20日より発売する。
画像: スイフトスポーツ セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車 チャンピオンイエロー4。


スイフトスポーツ セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ装着車 チャンピオンイエロー4。

車両価格は200万円を切る破格の値段

スイフトスポーツ 車両価格

6速MT 183万6000円
6速AT 190万6200円

オプション
セーフティパッケージ 8万6400円

デュアルセンサーブレーキサポート、車線逸脱抑制機能、誤発進抑制機能(6MT車を除く)、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト機能、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール、リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)

セーフティパッケージ・全方位モニター用カメラパッケージ 14万4720円

デュアルセンサーブレーキサポート、車線逸脱抑制機能、誤発進抑制機能(6MT車を除く)、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、先行車発進お知らせ機能、ハイビームアシスト機能、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグ、アダプティブクルーズコントロール、リヤシートベルトフォースリミッター&プリテンショナー(左右2名分)、フロントカメラ、サイドカメラ(左右)、バックカメラ、フロント2ツイーター&リヤ2スピーカー、ステアリングハンズフリースイッチ

オプション色 2万1600円

バーニングレッドパールメタリック、ピュアホワイトパール、プレミアムシルバーメタリック塗装 

エンジン=1.4L直噴ターボ「ブースタージェット」

搭載エンジンは低回転から高トルクを発揮する1.4L直噴ターボのK14C型ブースタージェット エンジン。1.4Lの小排気量ながら、140ps/5,500rpmの最高出力、230Nm/2,500‐3,500rpmの最大トルクで2.2L自然吸気エンジン相当の力強さを発揮する。

画像: 1371ccのK14C型ブースタージェット エンジン。JC08モード燃費は6速MTで16.4km/L、6速ATで16.2km/L。

1371ccのK14C型ブースタージェット エンジン。JC08モード燃費は6速MTで16.4km/L、6速ATで16.2km/L。

ボディ=3ナンバーサイズながら70kgの軽量化を実現


新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」や軽量衝撃吸収ボディー「TECT(テクト)」の採用に加え、内装部品やシートに至る細部まで最適化し70kgの軽量化を実現。またトレッドを拡幅し直進安定性、旋回性能を向上。国内仕様スイフトスポーツとして初の3ナンバーサイズのボディーとした。

さらに空力パーツの造り込みにより揚力低減と空気抵抗の低減を高いレベルで実現し、空気抵抗を先代スイフトスポーツ比で約10%低減。

画像: ヘッドレスト一体型スポーツシート。

ヘッドレスト一体型スポーツシート。

画像: メーターデザイン。左に8000rpmまで刻まれた回転計、右に260km/hスケールの速度計。

メーターデザイン。左に8000rpmまで刻まれた回転計、右に260km/hスケールの速度計。

画像: 切削加工とブラック塗装を施した17インチアルミホイール。

切削加工とブラック塗装を施した17インチアルミホイール。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.