ソニーはデジタルスチルカメラ「RX10 Ⅳ」(DSC-RX10M4)を10月6日に発売すると発表。市場想定価格は19万円前後。

24-600mm相当の超高倍率ズームレンズと世界最速0.03秒(1.0型センサー搭載のレンズ一体型カメラとして)の高速AFスピードで動く被写体も高い精度で捕捉し、手ブレ補正効果4.5段分を実現している。これ1台で写真も動画もジャンルを問わない幅広い撮影が可能となる。
詳細は以下URL参照
http://www.sony.jp/cyber-shot/products/DSC-RX10M4/

▲RX100シリーズはこのモデルで4代目。今回も確実かつ著しい進化を遂げた。

www.sony.jp

▲背面液晶モニターはタッチ操作による自由度の高いピント合わせが可能。さらにタッチパッド機能、ファインダーを覗きながらフォーカス位置を移動することも可能で9つのパターンからタッチパッド選択可能になった。

www.sony.jp

▲トップ部の操作系はシンプル。シャッターボタン前のレバーで速やかなズーミング(画角変更)が可能。

www.sony.jp

▲レンズをテレ端(600mm相当の画角)にした状態。こうなると「コンデジ」とは正直いい難いが、レンズ交換式デジタルカメラの600mmレンズを持つことを考えたら、このカメラのパフォーマンスの高さがわかるだろう。

www.sony.jp
www.sony.jp
www.sony.jp

RX10Ⅳの主な特長

●ソニーのハイエンドモデルα9のAFアルゴリズムを採用。
●最新の画像処理エンジン「BIONZ X」を搭載。
●315点像面位相差検出方式AFセンサーを搭載。
●AE/AF追従で最高24コマ/秒、最大で249枚の連続撮影が可能
●有効2010万画素1.0型積層型CMOSセンサー。
●ZEISSバリオ・ゾナーT*24-600mmF2.4-4.0の大口径・高倍率ズームレンズ。
●高速で動く被写体も歪みにくい「アンチディストーションシャッター」
●光学式手ブレ補正の効果は4.5段。
●テレ端でもフレーミングと手ブレ補正のスムーズなトラジションを実現。
●3.0型約144万ドット液晶はタッチパッド&タッチフォーカス機能を搭載。
●有機ELファインダーは見やすい「 XGA OLED Tru-Finder」を採用

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.