バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)はオフロードで転倒して足を骨折し、サンマリノGPを欠場することになってしまったことは、すでに多くのメディアの報道でみなさんご存知のことと思います。すべてのロッシファンをがっかりさせてしまうことになったサンマリノGPですが、イタリアのファンたちを喜ばせるようなレースになったのでしょうか・・・?

決勝レースは雨・・・でした

序盤、レースを先頭でひっぱったのはホルヘ・ロレンソ(ドゥカティ)でした! 一時は2位に4秒ほどの差をつけ、このままドゥカティ移籍後初優勝・・・と期待させましたが、残念ながら残り22周で転倒リタイア・・・に終わります。代わって首位に立ったのはダニロ・ペトルッチ(ドゥカティ)その後ろをマルク・マルケス(ホンダ)、そしてランク首位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)が追う展開です。

画像: 晴れの予選では見事な走りで、V.ロッシのチームメイトのM.ビニャーレス(ヤマハ)がポールポジションを獲得しました。しかし、雨の決勝はペースが上がらず、4位に終わります・・・。 race.yamaha-motor.co.jp

晴れの予選では見事な走りで、V.ロッシのチームメイトのM.ビニャーレス(ヤマハ)がポールポジションを獲得しました。しかし、雨の決勝はペースが上がらず、4位に終わります・・・。

race.yamaha-motor.co.jp

上位3台の間隔は同じくらいのまま、残り周くらいまで続きます。路面がウェットですから、3者ともガマンのレースを強いられたカンジですね。雨がやんで急速に路面が乾くことを想定して、ピットにはドライセッティングのマシンも用意されましたが、結局用無しに終わりました。

残り7周で、ドヴィツィオーゾは首位のペトルッチに2秒以上の遅れになります。勝利の行方は、ペトルッチ対マルケスに焦点が絞られてきました・・・。マルケスは1秒以内の差でペトルッチを追い回し、プレッシャーを与えます・・・。

画像: 見事、冷静なレース運びをみせたホンダのエース、M.マルケス。 www.motogp.com

見事、冷静なレース運びをみせたホンダのエース、M.マルケス。

www.motogp.com

そして狙いすましたように、ラストラップでマルケスがペトルッチをパス! ついに首位に立ちました。そしてそのリードを守りきり、見事優勝を飾りました! 2位ペトルッチ、3位ドヴィツィオーゾが表彰台を獲得。4位がビニャーレス、5位はドゥカティのテストライダーのミケーレ・ピッロが健闘の末に入賞しています。

ランキングは・・・ふたりが199点で同点ですが・・・

この結果、優勝したマルケスはドヴィツィオーゾとポイントが並びましたが、2位獲得数の差で首位に返り咲きました。表彰式ではイタリアのファンからブーイングを浴びせられますが、ロッシの暗黒腹黒星人ぶり?を受け継ぐ男であるマルケスはニコニコしてました(さすがですね)。次戦は9月24日のアラゴンラウンドですが、マルケスがライバルたちを突き放すのか・・・楽しみにしましょう!

サンマリノGP 決勝
1  M. マルケス ホンダ 50:41.565
2  D. ペトルッチ ドゥカティ +1.192
3  A. ドヴィツィオーゾ ドゥカティ +11.706
4  M. ビニャーレス ヤマハ +16.559
5 M. ピッロ ドゥカティ +19.499
6 J. ミラー ホンダ +24.882

MotoGPランキング(9/10現在)
1 M.マルケス     ホンダ   199
2 A. ドヴィツィオーゾ ドゥカティ 199
3 M.ビニャーレス   ヤマハ   183
4 V.ロッシ       ヤマハ  157
5 D.ペドロサ      ホンダ  150
6 J.ザルコ       ヤマハ   110

This article is a sponsored article by
''.