リコーは、360°カメラ「RICOH THETA (リコー・シータ)」シリーズの最上位機種として、高画質な4K解像度の360°動画撮影や臨場感溢れる空間音声記録、高速転送等に対応した「RICOH THETA V」を9月下旬に発売する。本体カラーはメタリックグレーのみで、価格はオープン(市場想定価格は税別で5万円台前半)。詳細は以下URLにて。
https://theta360.com/ja/about/theta/v.html

動画、録音、データ転送速度、スマホなどの接続などすべての性能が向上!

「RICOH THETA(リコー・シータ)」は、2013年に世界初のワンショットで360°撮影ができるカメラとして登場。写真家、クリエーターがさまざまな映像分野で活用してきた。

今回の「RICOH THETA V」は小型・軽量ボディはそのままに、4K解像度に相当する高画質な360°動画撮影や360°空間音声記録に対応した高音質録音、大容量データを快適に閲覧できる高速転送を実現した。

さらにスマートフォン、タブレットとの接続方式をBluetoothと無線LANの両方式から選択できるなどユーザーの使用状況に応じて、フレキシブルな操作を可能にしている。製品発売後もファームウェアのアップデートにより性能向上、発展性を考慮した本体設計となっている。

「RICOH THETA V 体感&トークライブ」へ行ってみよう!

「リコー THETA V」体験&トークイベントが早くも明後日(9/3)から行われる!
詳細は以下URL を参照
https://theta360.com/ja/info/event_touchtry/2017-09-03/

【東京会場】
■開催日時:2017 年9 月3 日(日) 11:00~17:00
■開催場所:寺田倉庫 Terratoria
東京都品川区東品川2-6-10 寺田倉庫株式会社本社ビル2F
■入場料:無料
【大阪会場】
■開催日時:2017 年9 月9 日(土) 11:00~17:00
■開催場所:OMM ビル ホールF
大阪府大阪市中央区大手前1-7-31
■入場料:無料

●開催概要
体感コーナー:タッチ&トライコーナー、360°“空間音声”体感コーナー、
“4K360°動画”体感コーナー、“リモート再生”体験コーナー、撮影体験コーナー
トークライブ:スペシャルゲストトーク
●“360°映像制作の今と将来”
全天球映像作家「渡邊課」渡邊 徹氏
●“音楽シーンと360°映像(仮)”
BARKS 編集長 烏丸哲也氏、BARKS 企画部チーフプロデューサー 今井壱克氏
東京会場ゲスト:モリナオフミ氏(フラチナリズム)
大阪会場ゲスト: DJ DRAGON 氏(DJ/プロデューサー)
●“開発陣に迫る。THETA V の魅力徹底解剖!!”
「RICOH THETA V」開発メンバー

RICOH THETA V主な仕様

●撮影距離:約10cm~∞(レンズ先端より)
●有効画素数:約12M
●レンズ構成・F値:6群7枚・F2.0
●撮像素子:1/2.3型×2
●撮影モード:静止画:オート、シャッター優先、ISO優先、マニュアル
動画:オート、ライブストリーミング:オート
●ISO感度:静止画(オート)ISO64~1600/(ISO優先AEモード、マニュアル露出)ISO64~6400、動画:ISO64~6400
●シャッター速度:60秒~1/25000秒
●記録媒体:内蔵メモリー:約19GB
●記録可能枚数・時間:静止画は約4800枚、動画(1回の記録時間)は最大5分/25分(動画の合計記録時間は4K・H.264で約40分、2K・H264で約130分)
●電池寿命:静止画約300枚、動画約80分
●大きさ:幅45.2×高さ130.6×奥行き22.9mm(17.9mm・レンズ部を除く)
●重さ:約121g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.