キヤノンは「EF85mm F1.4L IS USM」を2017 年11 月下旬より発売する。EF85mm F1.4L IS USMは手ブレ補正機構IS(Image Stabilizer=イメージスタビライザー)を搭載した大口径中望遠単焦点レンズ。優れた描写性能はもちろんのこと、手持ち撮影に最適化した小型・軽量ボディにより操作性を高め、さらに堅牢性でも防塵・防滴構造を持ち耐環境性能も実現した。市場想定価格(税別)は20万円。

EF85mmのニューモデルは11年ぶりとなる!

▲「F1.4L」のLは「L(Luxury)」の意味でEFレンズの中でも「最上級」のレンズにしか冠されないもの。

cweb.canon.jp

85mmという焦点距離はポートレート撮影の王道。キヤノンのEFレンズでは2006年3月に発売されたEF85mmF1.2L Ⅱ USM(希望小売価格税別23万5000円)や、小型軽量で手頃な価格のEF85mm F1.8 USM(希望小売価格税別6万1500円)などがあったが、今回の新製品はフルサイズ機ユーザー、その中でもポートレート撮影が多いプロやハイアマが待ち望んでいたもの。11年ぶりの新設計、しかも4段分の効果を持つIS搭載というレンズとなっての登場だ。

画像: ▲IS を搭載しながらも、レンズ全体のメカ構造を工夫することにより小型・軽量を実現している。

▲IS を搭載しながらも、レンズ全体のメカ構造を工夫することにより小型・軽量を実現している。

レンズ構成は高精度ガラスモールド非球面レンズ1 枚を含む10 群14 枚のレンズからなる。球面収差と像面湾曲を良好に補正し、画面中心から周辺まで解像力とコントラストが高く、シャープな画質を実現している。

また、マウント部、スイッチパネル部、ズームリング部、フォーカスリング部に防塵・防滴構造を採用して、プロのハードな使用にも耐える作りになっている。さらにレンズ表面に付着した汚れを乾いた布で簡単に取り除ける「フッ素コーティング」が施されている。

EF85mm F1.4L IS USMの主要諸元


●レンズ構成: 10 群14 枚
●絞り羽根枚数: 9 枚(円形絞り)
●最小絞り: F22
●手ブレ補正効果: 4 段※
●最短撮影距離: 0.85m
●最大撮影倍率: 0.12 倍
●特殊光学素子 :ガラスモールド非球面レンズ×1
●フィルター径: 77mm
●最大径 :Φ88.6 mm
●全長 :105.4mm
●質量: 約950g

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.