キヤノンはミラーレスカメラ EOS Mシリーズのエントリーモデル「EOS M100」を2017年10月上旬に発売する。EOS M100は3 色のボディと9 種類のアクセサリーの組み合わせで、自分好みの外観スタイルにできるのが魅力。市場想定価格(税別)はボディ5万4000円前後、15-45mmキットが6万9000円前後、ダブルレンズキットが8万3000円前後、ダブルズームキットが9万2000円前後。
画像: ▲ボディは3タイプで左からブラック、グレー、ホワイト。 cweb.canon.jp

▲ボディは3タイプで左からブラック、グレー、ホワイト。

cweb.canon.jp

EOS M100のボディは大きさがW108.2×H67.1×D35.1mm、重さが約320gとコンパクト。ボディのカラーバリエーションは、カジュアルで清潔感のあるホワイト、マット調で深みのあるブラック、ナチュラルで温かみのあるグレーの3 色を用意。

▲操作系は極めてシンプル。カメラを持つとシャッターボタンに指がかかるデザインとなる「スプーンカット」を採用している。

cweb.canon.jp

さすがキヤノン、カメラとしての基本性能もしっかり!

EOS M100の撮像素子はAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載し、有効画素数は約2420万画素。撮像面AFは上位機種のEOS 80Dなどに採用されている「デュアルピクセルCMOS AF」だ。最新の画像処理エンジン「DIGIC7」を搭載することで、常用最高ISO感度25600(前モデルのEOS M10はISO12800)、連続撮影はAF固定で約6.1コマ/秒(AF追従で約4.0コマ/秒)、動画は「Full HD 60P」での撮影が可能となった。

また本体の電源がオフでも簡単にスマートフォンと連携可能な「Bluetooth low energy technology」ネットワークや、3.0型ワイドのタッチパネル液晶の搭載でスマートフォンのような直感的な操作ができるのも魅力だ。

画像: ▲背面液晶モニターは3.0型、約104万ドットのチルト液晶を搭載。タッチパネルを採用しているのでタッチシャッターも可能。チルト機構なので、自分撮りや地面に置いてのローアングル撮影などもできる。

▲背面液晶モニターは3.0型、約104万ドットのチルト液晶を搭載。タッチパネルを採用しているのでタッチシャッターも可能。チルト機構なので、自分撮りや地面に置いてのローアングル撮影などもできる。

自分の好みでカラーコーディネートができる!

画像: ▲3タイプのボディカラーと9種類のフェイスジャケットの組み合わせで27通りのスタイルが作れる。ただしフェイスジャケットはキヤノンオンラインショップの限定販売となっている。 cweb.canon.jp

▲3タイプのボディカラーと9種類のフェイスジャケットの組み合わせで27通りのスタイルが作れる。ただしフェイスジャケットはキヤノンオンラインショップの限定販売となっている。

cweb.canon.jp

さらにEOS 100Mの大きな魅力は自分のユーザーの好みに合わせて着せ替えできる“EOS M100”専用のフェイスジャケット(別売/キヤノンオンラインショップ限定販売)を用意したこと。カラフルな7 種類のジャケットと、革の風合いを持つ2 種類のジャケットの合計9 種類をボディと組み合わせることができる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.