暑かろうが寒かろうが、雨が降ろうが天候を気にしない室内ポートレートならいつでも撮影ができる。服装は季節感を問わないし、ヘアースタイルを整えるのも楽だ。マンフロットスタジオ用品でセットを組み、モデルさんに来てもらって3種類のポートレート撮影セットを組んだ。前編では染色ニット背景セットを紹介する。
画像: ●モデル:大川成美

●モデル:大川成美

染色ニット背景セット
(ボックスライト2灯ストロボ4灯)
*参考総額23万7900円(税別)
*ストロボセット11万9800円(税別)

 光源は動きを止めることに有利なストロボを使用するが、
ポートレートには柔らかい光が必要なので、ソフトボックスでライティングをしたい。今回撮影する部屋でトップライトを使うには天井の高さが足りないので、座ったり横になったりしたポーズをとってもらった。メインライトは90╳90㎝のボックス。60╳60㎝のボックスはライトブーム黒280㎝(60000円)に取り付けトップライトとし、サイドからリフレクターで光を起こして影を和らげた。
 ニット製の背景を敷くことでドレープ(自然にできる布のたるみ)をつけたりピンと張ったりして、いろいろな背景の表情を作ることができる。畳めば持ち運びや収納も楽だ。布を掛けるために簡易タイプの背景紙サポートシステム(3万5600円)を利用している。
 ボックス一灯でも柔らかな光とリフレクター光の起こしによって人物の魅力を引き出せるが、トップライトを入れることでさらに髪の毛のつやと質感を写すことができ、背景の表情をコントロールすることもできる。

画像: ●EzyboxⅡソフトボックス スクエア 60╳60 ㎝(1万 7000円)●EzyboxⅡソフトボックス スクエア 90╳90㎝(2万4000円)●Ezycare 染色ニット製背景 3╳ 7m ワイオミング(4万1000円)●パネライトリフレクター180╳120㎝ シルバーホワイト(1万3000円)●背景スタンド取付用マグネット(1300円)●アルミランカースタンドAC Jタイプ(1万5400円×2)

●EzyboxⅡソフトボックス スクエア 60╳60 ㎝(1万
7000円)●EzyboxⅡソフトボックス スクエア 90╳90㎝(2万4000円)●Ezycare 染色ニット製背景 3╳
7m ワイオミング(4万1000円)●パネライトリフレクター180╳120㎝ シルバーホワイト(1万3000円)●背景スタンド取付用マグネット(1300円)●アルミランカースタンドAC Jタイプ(1万5400円×2)

EzyboxⅡ用クリップオンストロボ用ブラケット

画像: ●クリップオンストロボ用ブラケット(7600円╳2) ●ニッシン スピードライトDi700A(2万3000円╳4灯) ●ニッシン コマンダーAi1(8000円) ●ニッシン パワーパックPS8(1万9800円)

●クリップオンストロボ用ブラケット(7600円╳2)
●ニッシン スピードライトDi700A(2万3000円╳4灯)
●ニッシン コマンダーAi1(8000円)
●ニッシン パワーパックPS8(1万9800円)

▶ソフトボックスにはクリップオンストロボを2灯装着することができるクリップオンストロボブラケットを組んだ。そこにニッシンデジタルのクリップオンストロボDi700A(最大GN54)をワイヤレスで発光できる電波式専用コマンダーAi1を用い、メインライトにはパワーパックをつなげ、充電時間を短くすることでできるだけリズムよく撮影が行えるように準備した。

ラストライト EzyboxⅡ スクエアタイプ

画像: 折りたたむとコンパクトな袋(青)に収納ができる。やり方を覚えてしまえば組み立て方法も難しいことはない。別売のスピードリングプレートを装着してスタジオ用ストロボにセットすることもできる。

折りたたむとコンパクトな袋(青)に収納ができる。やり方を覚えてしまえば組み立て方法も難しいことはない。別売のスピードリングプレートを装着してスタジオ用ストロボにセットすることもできる。

画像: ソフトボックスの中身はシルバーのリフレクター加工が施され、光を余すことなく反射させる。2段階のディフューザーで拡散させて被写体を柔らかく照らす仕組みだ。

ソフトボックスの中身はシルバーのリフレクター加工が施され、光を余すことなく反射させる。2段階のディフューザーで拡散させて被写体を柔らかく照らす仕組みだ。

いつもの部屋が人物撮影セットで見違える!

 室内で女性ポートレート撮影をするとなれば、ファッションやメイクにマッチした部屋で撮影したいところ。しかし、たとえ無味乾燥な部屋であったとしてもLastliteが用意する豊富なバックグラウンドとライティング用品を利用すれば様々なシーンの部屋空間を演出することができる。
 EzyboxⅡソフトボックスを使うことで高価なスタジオ用モノブロックストロボだけではなく、クリップオンストロボも装着することができるので、柔らかくディフューズしたストロボ光も気軽に手に入れることができる。「 え~っこの部屋で?」と彼女が不安に思ったとしても大丈夫。マンフロットの扱うスタジオポートレート用品を組めば、何でもない部屋が本格的なスタジオのように生まれ変わり、彼女の素敵な笑顔も手に入れられること間違いなしだ。

後編では「アーバン背景セット」と「証明写真セット」をご紹介します。

■撮影・解説■ 永元秀和

日大芸術学部写真学科卒業後、モーターマガジン社写真部に所属。JRPA(日本レース写真家協会)会員。写真展に「クルマとどこまでも」(富士フイルムフォトサロン東京)。

●問い合わせ:マンフロット www.manfrotto.jp

*価格はメーカー希望小売り価格です。
*本記事は月刊カメラマン2017年3月号に掲載したときのものです。価格などは変わっている場合があります。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.