タムロンは、世界で初めて18-400mm (35mm判換算28-620mm相当)の焦点距離をカバーするAPS-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ専用超望遠高倍率ズームレンズ「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) 」(以下 Model B028)を2017年7月20日に発売する。

これ1本ですべてをカバーできる22.2倍という超望遠高倍率ズーム!

画像: www.tamron.jp
www.tamron.jp

タムロンは1992年発売の「AF28-200mm F/3.8-5.6 Aspherical (Model 71D)」以来、高倍率ズームレンズを数多く発表し、ユーザーの支持を得てきた。今回発表のレンズは超望遠400mm(35mm判換算620mm相当)、ズーム倍率22.2倍の幅広い撮影領域を実現する超望遠高倍率ズームを実現。

もちろんこの「Model B028」は最新の光学設計、高精度かつ剛性の高いメカ設計、独自開発のAFモーター「HLD (High/Low torque-modulated Drive)」、手ブレ補正機構の搭載など、これまでに培ったタムロンの高倍率ズームレンズのノウハウを、長さ121.4mm、質量705g※2)のコンパクトなボディに凝縮している。

発売日は2017年7月20日(ニコン・キヤノン用同時発売)。希望小売価格は9万円(税別)。

主な仕様は以下のとおり

■モデル名: B028
■焦点距離: 18-400mm
■明るさ: F/3.5-6.3
■画角(対角画角): 75°33' - 4°<APS-Cサイズ相当デジタル一眼レフカメラ使用時>
■レンズ構成: 11群16枚
■最短撮影距離: 0.45m*
■最大撮影倍率: 1:2.9
■フィルター径: φ72mm
■最大径: φ79mm
■長さ**: 123.9mm (キヤノン用)/: 121.4mm (ニコン用)
■質量: 710g (キヤノン用)/: 705g (ニコン用)
■絞り羽根: 7枚 (円形絞り)
■最小絞り: F/22-40
■手ブレ補正効果: 2.5段 (CIPA規格準拠)※キヤノン用:EOS-80D使用時、ニコン用:D7200使用時
■標準付属品: 花型フード、レンズキャップ
対応マウント: キヤノン用/ニコン用

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.