1980年代の世界ロードレースGPで活躍したヒーローは数多いですが、アメリカン・インベーションの時代だったこのころ、フレディ・スペンサーとエディ・ローソンの活躍に胸躍らせた人は多いと思います。こちらはそんなふたりのAMAスーパーバイク時代のダイジェスト動画です。

AMAで活躍、そして世界GPへ・・・という時代

世界スーパーバイク選手権=SBKが成立した時期の1980年代末くらいから、公道市販車ベースのロードレースマシンは、戦闘力の高さを考慮したホモロゲーションモデル中心になっていきました。それまでの時代は、ロードスポーツ改・・・って感じで、明らかにそれ以降とは雰囲気が異なります。

特に1,000ccのストリートバイクをベースとしていた初期のスーパーバイクマシンは、迫力あるスタイリングから今でもカスタムのテーマとなるなど、根強いファンがいますね。そんな時代にアメリカのAMAスーパーバイクで活躍し、その後に世界ロードレースGPへ羽ばたいたのが、エディ・ローソンとフレディ・スペンサーです。

画像: ホンダのスペンサーと、カワサキのローソンが激しいバトルを繰り広げます。こちらは多分、1981年のシアトル・インターナショナル・レースウェイでの第5戦ですね。 www.youtube.com

ホンダのスペンサーと、カワサキのローソンが激しいバトルを繰り広げます。こちらは多分、1981年のシアトル・インターナショナル・レースウェイでの第5戦ですね。

www.youtube.com
画像: スタート前、ローソンのほうにチラりと視線を送るスペンサー・・・。 www.youtube.com

スタート前、ローソンのほうにチラりと視線を送るスペンサー・・・。

www.youtube.com
画像: おそらくこちらのシーンは、1982年のAMAスーパーバイク開幕戦のデイトナですね。 www.youtube.com

おそらくこちらのシーンは、1982年のAMAスーパーバイク開幕戦のデイトナですね。

www.youtube.com
画像: この年、スペンサーは見事デイトナラウンドで優勝しています。 www.youtube.com

この年、スペンサーは見事デイトナラウンドで優勝しています。

www.youtube.com

画質はイマイチですが、迫力は伝わってきます!

AMAスーパーバイクでホンダがファクトリー活動を始めるとき、スペンサーは若手ながらエースとしての活躍を期待されてました。その期待に応えて、スペンサーは幾多の勝利を手中におさめていますが、結局ホンダファクトリーとしては1,000cc時代のスーパーバイクタイトルは当時取ることができませんでした。

資本力のあるホンダでも勝てない・・・というところも、初期のスーパーバイクの面白いところでもありますが、大メーカーのホンダが参戦したことによってAMAスーパーバイクの注目度が加速的にアップしたことも事実で、その貢献度はかなり大きいものでした。

1980年はウェス・クーリー(スズキ)、1981、1982年はカワサキのローソン、1983年はマシンが750ccまで・・・となり、カワサキのエースとなったウェイン・レイニーがホンダV4勢を下してAMAスーパーバイクのタイトルをとっています。1983年は世界ロードレースGP500クラスで、スペンサー(ホンダ)とケニー・ロバーツ(ヤマハ)が歴史に残る熾烈なタイトル争いの末、スペンサーが初タイトルを獲得した年でした。

アメリカンライダーが大活躍した時代・・・1980年代のロードレースシーンを切り取ったビデオをお楽しみください。

画像: AMA SUPER BIKE youtu.be

AMA SUPER BIKE

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.