先の週末から、30年目を迎えるSBK=世界スーパーバイク選手権のシーズンがスタートしました。土日のレース1、2ともにスリリングなバトルが展開されて、とても面白かったですね。ところで唐突ですが(笑)、SBK初年度にヤマハに初勝利をプレゼントしたライダーが誰だったか、皆さんは覚えていますか? こちらはそのときの、懐かしい動画になります。

正解は、後にホンダに乗り、世界ロードレース選手権で大活躍するあの人です!

ヤマハのSBK初勝利は1988年の第5戦となる、スポーツランドSUGOでのヒート2で実現しました。いわば、ヤマハのホームグラウンドで記念すべき勝利を飾った・・・ことになりますね。

このときヤマハFZR750を駆ったのは、翌年からホンダのファクトリーライダーとして世界ロードレース選手権(現MotoGP)の500ccクラスで活躍することになるミック・ドゥーハンでした。NSR500で5連覇の偉業を達成したため、ホンダのイメージが強いドゥーハンですが、そのブレイクのきっかけとなったのは、マールボロ・ヤマハ・ディーラー・チームのFZR750に乗りSBKで活躍したことだったと言えます。

画像: マールボロ・カラーのレザースーツに身を包み、SUGOのコースを爆走するM.ドゥーハン(ヤマハ)。 www.youtube.com

マールボロ・カラーのレザースーツに身を包み、SUGOのコースを爆走するM.ドゥーハン(ヤマハ)。

www.youtube.com
画像: SUGO名物の10%勾配を駆け上がり、ホームストレートを疾走します! www.youtube.com

SUGO名物の10%勾配を駆け上がり、ホームストレートを疾走します!

www.youtube.com

SBKのSUGOラウンド・・・懐かしいですね・・・。

なおこのレースはドゥーハンに次いで、2位に岩橋健一郎選手(ホンダ)が入賞しています。3位は第1ヒートで優勝したギャリー・グッドフェロー(スズキ)でした。ドゥーハンは地元オーストラリアの第8戦でもヒート1、2ともに優勝する活躍をみせ、年間3勝でSBKランキング12位を得ています。

スポーツランドSUGOでは、初年度の1988年から2003年まで日本ラウンドとしてSBKが開催されていましたが、それ以来日本ではSBKは開催されていません。1990年代は、日本人ライダーが各世界選手権で大活躍した時代でしたので、レギュラーやスポット参戦の日本人ライダーの活躍をSUGOで楽しむことができました。なお日本人によるSBK日本ラウンド初勝利は意外?と遅い1996年で、武田雄一と青木拓磨(ともにホンダ)がそれぞれ勝利。ちなみにその後2001年までは、すべてのSBK・SUGOラウンドは日本人ライダーが優勝してます。

画像: ホンダRC30に乗り、見事2位に入った岩橋健一郎選手。 www.youtube.com

ホンダRC30に乗り、見事2位に入った岩橋健一郎選手。

www.youtube.com

日本ではMotoGPしか関心のないロードレースファンも多いので、SBKの日本ラウンドの復活は難しいのかもしれませんが、日本国内で世界の走りを観れる機会が少しでも増えてほしいので、なんとかならないかなぁ〜と思ってしまいます。

今SBKで絶好調のカワサキさん、そしてファクトリー活動再開2年目で上り調子のヤマハさん、そしてスポーツランドSUGOさん・・・あと、これから調子を上げるだろう(希望的観測?)ホンダさんと、来年度は参戦してくれるであろう(希望的観測その2 ?)スズキさん、よろしくお願いいたします(笑)。

画像: SBK Sugo 1988 Race 2 youtu.be

SBK Sugo 1988 Race 2

youtu.be

This article is a sponsored article by
''.