画像: 【シフターカバーいろいろ ナローとワイドは互換性があります】

【シフターカバーいろいろ ナローとワイドは互換性があります】

お預かりしてますハイカム・ハイスロ・ハイコンプの450desmo元レーサーですが、デスモヘッドの細かい調整で難儀している以外は順調に作業は進んでおります。

オーナーさんにお会いした時、このマシンは4速ですか?と聞かれたのですが、「ワイドケースのシングルは全て5速です。」とお答えしておきました。

予測ではリターンスプリングが弱ったか折れたかでシフター内部の動きが悪くなっているんだろう、くらいにしか捉えてませんでした。

一度開けて内部をチェックしましたが、別段異常は見つかりません。念のため、リターンスプリングを交換しておけばいいだろうと考えてました。

画像: 【バラしてきれいにしたところです】

【バラしてきれいにしたところです】

シフターをバラし、内部をきれいにしてリターンスプリングを交換して組み直します。リターンスプリングは結構固いので手を挟まないように気をつけて作業します。過去に何度痛い目に合ったことか。(涙)

画像: 【スプリングの反動で手をけがしないように気をつけながら作業します】

【スプリングの反動で手をけがしないように気をつけながら作業します】

今回はけがをすることもなく、なんとか組みあがりました。リターンスプリングも新しくしたし、グリースもたっぷり塗っておきましたから動きはいいはずです。

さっそく「ガチャンコ・テスト」をします。

これはシフトペダルをつけて、ガチャンコと動かしながら、シフトドラムを正確に回せるかどうかを確認します。シフトドラムに刺さる部分にはでかいマイナスドライバーを使って、こちらもガチャンコ回してみます。

ところが、シフトペダルを動かしてもドラム側が動いたり、動かなかったりしています。どうも「ガチャンコ」の音も小さい感じで、各ギアの位置(角度)にドラム側が回ってないようです。

なんで~~?と一瞬思いましたが、気を取り直して再度バラすことにします。

そういえば1か所ノーマークの部分がありました。

画像: 【これは正常な状態のものです。】

【これは正常な状態のものです。】

上の写真でボールが入っているのがわかるでしょうか?

このボールがシフトドラムを回すセレクターボスの位置(角度)を決めているのですが、この下にスプリングが入っています。このスプリングがまだ未確認でした。

画像: 【セレクターボスを裏側から見たところ。現在のボールの位置はニュートラル】

【セレクターボスを裏側から見たところ。現在のボールの位置はニュートラル】

セレクターボスを見てわかるように、このボールがシフトドラムを回転させる角度を決めています。これがずれるとギアが入らなくなるわけです。

ちなみに上の写真のボールの位置はニュートラル・ポジション、その下が1速で、上が2速、左廻りに3速、4速、5速となっていきます。

画像: 【左が今回のスプリング、右が正常なスプリング】

【左が今回のスプリング、右が正常なスプリング】

ボールの下のスプリングを抜いてみました。もともと入っていたスプリングはへたって短くなっているように見えます。

中に詰まっていたグリースを取り除いてきれいにしてやると、、、、、

画像: 【が~ん、またもや折れたたばこシリーズか(笑)】

【が~ん、またもや折れたたばこシリーズか(笑)】

なんとスプリングそのものが折れてました。これではシフターが機能できません。

さっそく、新しいスプリングに交換して再度組みたてました。

「ガチャンコ・テスト」をやってみると、シフトドラム側のセレクターボスはきちんと各ギアの位置に回ります。

これでバッチリです。

オーナーさんが4速までしかないと思われたのはこのためですね。

今度は5速まできっちり回ります。これで大丈夫でしょう。

これらのスプリングは手に入るのか?

ちなみにこのスプリングですが、リターンスプリングと共にセットとしてリプロ品が提供されています。もし必要な方がいらっしゃいましたら、イタリアより取り寄せますのでご一報ください。

「Contact」のページからか、order@ducati-single.com までメールをお願いいたします。

なお、価格は4,140円(税込)になります。(国内での送料は定形外で120円)

どうぞよろしくお願いいたします。


※シフタースプリング以外のパーツの入手も可能です。

詳しくは下記ページのエンジン系リストページを見ていただくか、エンジン系リスト(PDF)をダウンロードしてください。

画像: これらのスプリングは手に入るのか?

追伸:今までツーリングに出る際は念のためリターンスプリングも持って行ってました。しかし今回ボールスプリングが折れる可能性がわかったので、今後はどちらも持っていくようにしたいと思います。

点火系が逝かれて火が飛ばなくなるのも困りものですが、シフトチェンジができなくなるのも困ります。

ですので、予備があれば安心ですね!

This article is a sponsored article by
''.