いつでも、どこでも、行きたい場所に、トリシティが私を連れて行ってくれる。等身大の私にピッタリの新コミューター。毎日の生活を、もっと楽しく、もっと自由にしてくれる、たのもしい私の相棒。今日も、トリシティと一緒に出かけよう。

「トリシティパーフェクトガイド」(モーターマガジン社刊)より
Moldel: 朱香 Photo:森 浩輔 衣装協力:MAXFRITZS TEL03-5773-1768 www.maxfritz.co.jp
デジタル編集 by Yuri Higaki@ロレンス編集部

画像: 愛車にまたがればどこにでも、自分の気分のままにいくことができる。

愛車にまたがればどこにでも、自分の気分のままにいくことができる。

日常は、お気に入りの愛車があると大きく変わる。
朝起きて、天気が良いと、「今日は一緒にどこに行こう」と考える。 トリシティは、長い距離を走ることも厭わない、頼りがいのある相棒だ。今日はなんだか風が気持ちがいいし、近場の海まで足を延ばして、お気に入りのカフェに行こうかな?

行きたいところ、思ったところに連れて行ってくれる

ゆったりブランチを楽しんでいたら、近くの美術館で、気になる企画展が開催されていることを思い出した。行きたくなったら、思うままに行き先を変更できるのもトリシティの良いところ。こういう時、バスや 電車の乗り換えを気にしないで済むのは、本当にありがたい。しかも、美術館までの道のりで、 海辺のツーリングも楽しめてしまう。

画像: 海沿いの道を走れば、風を切る爽快感に身を浸すことができる。

海沿いの道を走れば、風を切る爽快感に身を浸すことができる。

左手に東京湾を眺めながら、まっすぐな道が続く海岸通りは、最高のロケーション。ちょっと海外のような雰囲気を味わえる、気持ちの良いルートだ。もちろん運転中によそ見をしたりをするわけではないけれど、少し視線をずらせば晴れた空と海が私の心を和ませる。遠くに立ち並ぶビルたちが後ろに流れていく様子も、都会ならではの楽しみだ。たまに海からの強い横風があっても、トリシティなら安心、ひやりとすることもないのだ。


海岸沿いのコンクリートウォールには、数々のペイントアートが描かれていて、それらを見ているだけでも楽しい。眺めの良いスポットを見つけたら、立ち止まって休憩することだってできる。少し狭いかな、と思うような駐輪スペースでも、トリシティは思いのほか軽々と駐車できるのが嬉しい。3輪でありながら、こんなにコンパクトだからこそのメリットなのだ。

美術館でも、時間を気にせずにじっくりと展示を堪能できた。ネットやスマートフォンのおかげで、情報を手に入れることは簡単になったけれど、やっぱり、直接見ることや、経験することでしか味わえないこと、 感じられないことはたくさんある。 望むままに、私の行きたい場所に連れて行ってくれるトリシティの存在が、私の生活を豊かにしてくれると感じるのは、こんな時だ。
館内のミュージアムショップで、ひと目ボレしたアイテムをたくさん衝動買いしても、大丈夫。頼れるトリシティが、 私の代わりに重い荷物も運んでくれるから、ね。

画像: 積載量も十分。遠出もできるね。

積載量も十分。遠出もできるね。

乗る前に構えなくていい。乗っていてとても安心感がある。そんなとっつきやすさが嬉しい

見た目のインパクトが強い3輪のトリシティだけど、いざ乗ってみると乗り味はとても自然で普通のオートバイと全く変わらない。普通に走っている限りは3輪であることを忘れてしまうほどのスムーズさなのだ。
でも乗り比べてみると、その差は歴然。左右が別々に動くフロント2輪がしっかりと地面を捉える感覚は独特で、特に低速での安定感がバツグン。「これが3輪の恩恵なのね!」なんて、ちょっと感動してしまうほどだ。

取り回しの易しさと、フロント2輪が路面を捉える安心感がトリシティの楽しさを常に実感させてくれる。

3輪の良さを感じるもう一つの大きな場面は、Uターンの時。
ちょっと道を間違えて、狭い路地にはまってしまっても、トリシティなら楽々Uターンができるのが嬉しい。低速で動かしているほど不安定になるものだけど(当然、ライダーの私も不安になるものだけど)、トリシティの変わらぬ安定感は実に心強い。自分が想像する以上に車体をスムーズに倒しこんで、コンパクトに回ることができるのだ。 苦手なはずのUターンが上手くなった気分を味わえるのは、トリシティならではの楽しさと言えそうだ。

画像: 軽々と、自分が思っている以上に傾いてくれるけれど、どこまでも安心感があるのがトリシティ。Uターンも易々とできるのだ。

軽々と、自分が思っている以上に傾いてくれるけれど、どこまでも安心感があるのがトリシティ。Uターンも易々とできるのだ。

画像: コンパクトなトリシティは、駐輪スペースが多少狭くても楽々停めることができる。

コンパクトなトリシティは、駐輪スペースが多少狭くても楽々停めることができる。

さらに、サイズ的にもちょうどいい。等身大の自分のままで、肩肘張らずに乗れるサイズ感は、乗り続けるために、じつは重要なポイントではないか、と思う。 その意味では、周囲の注目を集めるスタイリッシュなルックスも、とても重要だし、私の最もお気に入りのポイントだ。

カッコ良くて、走りやすくて、親しみやすい。そんなトリシティとは、長いつきあいになることはきっと確実。いろんな場所 に一緒に行って、たくさんの思い出を作ることができるに違いない。

画像: LMW 雨上がりのタンデム篇 30sec www.youtube.com

LMW 雨上がりのタンデム篇 30sec

www.youtube.com

トリシティおよびLMWテクノロジーに関してはこちらをご覧ください。

This article is a sponsored article by
''.