スモールカーの名車『スバル360』の後継モデルとして、1969年スバルファンの期待を背負い登場したのが『R-2』。今回は、若者向けの価格とインテリアで、マイカーをもっと身近な存在にしてくれた名車のピックアップです。

こちらの連載では、すべてのスバル車ユーザー&ファンが楽しめる、1冊まるごとスバル本ボクサーエンジンを搭載する人気モデルの最新情報誌SUBARU BOXER BROS.vol05より、“スバリスト”と呼ばれるスバル車ファン必見、ヨダレものの充実のコンテンツとその魅力を紹介していきます!(あぁこ@ロレンス編集部)

スバル R-2 (1969年〜1973年)

www.motormagazine.co.jp

スバル360の事実上の後継モデルとして開発され、69年8月に発売されたのがスバルR-2だ。

メカニズムの多くは、熟成の域に達したスバル360のものを用い、プラットフォー ムを一新して時代の要請に応えた。

ホイールベースはスバル360より120㎜も長い1920㎜だ。オーバーハングも可能な限り切り詰め、新 興のライバルに負けない広いキャビ ンスペースを実現している。

ボディデザインは、フィアット600と似たファストバックスタイルだ。ハードミニのキャッチフレーズで登場したが、愛嬌のあるデザインだった。

また、スバル360の弱点だったトランクスペースも大容量である。

ボンネットを意識的に高くデザ インし、フロントに210ℓの大きなトランクスペースを確保したのだ。家族での旅行にも無理なく対応できる。

あなたは、どの『R-2』がお好きですか?

  • ⑵R-2(スーパーL)

    1971年スーパーLは水冷エンジン搭載モデルだ。フロントフェイスは「ゼブラマスク」と呼ばれるグリルを採用していた。

  • www.motormagazine.co.jp

    1971年New R-2スポーティDXのインパネ。 よけいなものがなくシンプルで機能的、今でも通用する優れたデザインだ。

当時の上級指向で、快適性も追求されたスモールカー『R-2』は見た目もオシャレですね。

スモールカーをさらにスモールにして、お部屋に飾りたいと思ったのは私だけ?…(笑)

コメントを読む・書く
PR 映画『東京喰種 トーキョーグール』 2017年夏公開!
Next

This article is a sponsored article by
''.