国内仕様もスタンバイ‼ 熟成と進化のニンジャ1000

2010年にモデルチェンジされたZ1000をベースに、フルカウル化したスポーツモデルがカワサキのニンジャ1000。ワインディングからツーリングまで自在に楽しめ、高性能ながら、扱いやすさにも優れるオールラウンドスポーツというコンセプトを持つ。過激なスーパースポーツや取り回しに苦労するビッグネイキッドなどのオーナーから高い支持を受け、2011年にデビューするやいなや、たちまち世界中で爆発的な大ヒットとなった。

その後ニンジャは2014年にマイナーチェンジを受け、3段階切替式のトラクションコントロールやプリロードアジャスター付きのリアショックを装備、その使い勝手に磨きをかけてきた。

そしてそれから3年が過ぎ、いよいよ次期ニンジャ1000に相当する、欧州仕様のZ1000SXがインターモトでデビュー。先代までの美点をしっかり引き継ぎながら、その機能性を大きく高めている。

外観は基本的にこれまでのイメージを踏襲しながら、カウル形状を一新。ヘッドライトはLED化され、シャープな目つきに生まれ変わったほか、シート形状やパニア装着のステーを兼ねるグラブバー形状も見直され、機能を大きく高めている。

メカニズム面で最も大きく進化したのがIMU(慣性計測装置)の導入。最先端のスーパースポーツのアイテムをいち早く採用し、電子制御デバイスのきめ細かい制御を実現。今回から国内仕様の販売も検討されているだけに、今後の展開から目が離せない1台だ。

画像1: 国内仕様もスタンバイ‼ 熟成と進化のニンジャ1000
画像2: 国内仕様もスタンバイ‼ 熟成と進化のニンジャ1000
画像3: 国内仕様もスタンバイ‼ 熟成と進化のニンジャ1000
画像4: 国内仕様もスタンバイ‼ 熟成と進化のニンジャ1000

  

完全保存版のバイク年鑑、現在発売中です!

JAPAN BIKE OF THE YEAR 2017 (Motor Magazine Mook)
オートバイ編集部
モーターマガジン社 (2016-12-24)
売り上げランキング: 210,867
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.