10年ぶりに偶然出会った、別れた恋人同士。かつて二人はオートバイを介して絆を深めていたが、男は既にオートバイを降りていたー。大人の男と女が描く、古くて新しいラブストーリー。
『オートバイ 2017年 2月号』特別付録『RIDE』掲載「On The Way」より
画像1: 10年ぶりに再会した歳の離れた恋人・・・大人の恋の物語
『On The Way』

彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。

今の職場で出会った男と結婚した私は、3年前に別れて、いまは華のバツイチだ。アラフォーの独り身は寂しいように思われがちだが、仕事も充実しているし、気楽でいい。
今日も行きつけのスーパーで夕食の買い物をしながら、週末の予定をあれこれ算段しているところだったのだが、そんな時に事件は起きた。

15年前に恋した男とばったり再会したのだ。

画像1: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。
画像2: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。
画像3: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。

彼は2回りも年上の、職場の上司だった。
彼には家庭があったが、若かった私にはそんなことは関係がなかった。優しくて大人の男にひたすら溺れた。彼が好きなオートバイの免許も取り、二人で出かけては、カラダを貪るように愛し合った。

画像4: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。

しかし、数年続いた二人の関係はやがて職場に知られることになり、私が身を引く形で、退職し、それで二人の関係は終わったのだ・・。

久しぶりに会った彼は、初老の男の疲れが肩に滲み出ていたが、あの頃と変わらない優しい笑みを浮かべて私の前に立っていた。
聞けば奥方とは死別し、お子様も既に独り立ちして、今は独り身だという。

画像5: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。

私は思わず彼を飲みに誘ってしまったが、気後れすることもなかった。10年ぶりとはいえ、深く愛し合った男と女には、時間を埋める気安さがある。特に女のほうには。

彼は少し気まずげな表情を浮かべたものの、私の誘いを断ることなく、少し歩いた場所にある居酒屋に入った。酒の力を借りれば、二人の間にできた溝も埋まるというものだ。
10年も離れていれば、お互いに知らないことも増えるし、話題には事欠かない。それに、私は彼との出会いをきっかけに乗り始めたオートバイがある。きっと彼もまだ乗っているに違いないからだ。

だが、意外にも、彼は何年も前にオートバイに乗るのをヤメたという。私は強い衝撃を受けたが、それを必死に顔に出すまいとして、堪えた。それは成功したと思う。

画像6: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。
画像7: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。
画像8: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。
画像9: 彼女の視点1 :別れたオトコに会った。10年ぶりだった・・・。

彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。

そのとき、私は不意に強く胸を締め付けるような想いにとらわれた。
仕事帰りに、住んでいるマンションの一階に入っているスーパーマーケットで夕飯の買い物をしていた私は、見覚えのある、いや、決して忘れたことのない女の横顔に目を止めた。それは、10年前に別れた年の離れた恋人だった。

恋人、というのは当たらないかもしれない。そのとき私には妻も子供もいた。つまり不倫相手だったからだ。
私にとって彼女は、遊びを超えた、真剣に愛した人だったのだが、我々の関係が周囲に知られてしまったことで、彼女は私の前から姿を消したのだ。私には一言もなく・・・。

画像1: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。
画像2: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。
画像3: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。

私の胸の内を知ってか知らずか、彼女は「飲みに行こう」と誘ってきた。
もちろん願ったり叶ったりだったが、私は喜色を顔に出すまいと平静を装った。

彼女は結婚に失敗して、今は一人暮らしだという。私は少しずつ記憶の底から蘇ってくる彼女の肌の感触や、魅惑的な喘ぎ声に惑わされながらも、今の二人にちょうど良い距離感を探すことに懸命に勤めていた。あの頃とは違う、私はそう自分に言い聞かせながら酒をすすり、彼女の話に耳を傾けた。

そんな浮ついた私を、平静に戻したのは、彼女の一言だった。
「まだバイク乗っているんでしょ?」

画像4: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。
画像5: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。

もうオートバイには乗っていないことを告げると、彼女の顔が曇った。
というより、戸惑いの表情を見せた。彼女はさりげなくそれを隠したが、私の浮ついた気分に冷水を浴びせるに十分だった。私は10年前とは違うのだ。そう彼女の表情が現実を教えた。

降りた私に比べて、彼女はいまだにオートバイに乗っているという。
記憶の中の彼女が乗っているバイクとは違う名前に、私はさらに現実を思い知らされた。二人は既にすれ違ってしまっている。そして10年は決して短い時間ではないのだ。

それ以降、我々は毎晩のように会っては、飲み歩いた。
しかし、私は彼女に男と女の関係を迫ることはしなかった。いや、できなかった、というほうが正しいかもしれない。

画像6: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。
画像7: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。

そんな日々が続いた頃。

私はふとバイクショップを見つけ、ふらりと立ち寄った。
彼女が乗っているのはカワサキのZRXだと聞いていたので、それがどんなバイクなのかを見てみようと思ったのだ。

ショップの店主に導かれ、私は1台のライムグリーンのオートバイの前に案内された。それはいわゆるネイキッドの大型バイクだった。

話を聞くと、ZRXは生産中止となり、目の前のバイクはそのファイナルエディションの1台なのだという。かつて私が乗っていたのはカワサキのニンジャ、GPZ900Rだった。彼女は黒いゼファーだった(彼女いわく、黒に見えるけれど実は紺だったそうだが)。
二台とも既に生産中止、いわゆる絶版車だ。

私はふと考えた。私も男として、人間としてもはやファイナルエディションなのだろうか?と。

画像8: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。
画像9: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。

私がもうバイクには乗っていないことを知った彼女の戸惑いの表情が胸に刺さった・・・

画像10: 彼の視点1 :別れたオンナに会った。10年ぶりだった・・・。

娘ほど年齢の違う彼女に、確かに私は恋をしていた。
そしてその気持ちはいま、また再始動している。ここでこの恋を諦めたら、私は絶版車のようになっていくのか?それともまだファイナルエディションで、ここでアクセルを吹かしたら、昔のように走り出せるのだろうか。

私の胸の奥で、何かが弾けるように音を立てた。

彼女の視点2:かつての恋人は変わってしまったのか?

あれ以来、私と彼は毎晩のように会い、酒を飲み、話をした。まるでかつての二人のように。

いや、でも違う。二人は男と女にはなっていない。
彼はオートバイを降りてしまったように、私をもはや恋の相手としてはみようとしないのだろうか。私は昔の私ではない。幾多の恋愛を重ね、結婚には失敗し、十分な経験を積んだ大人の女なのだ。
バイクに乗らないあなたは、もう私と共に走りだろうとはしないのだろうか。煮え切らない彼と、時間を使っていくことは、もはや無駄なのだろうか。

画像1: 彼女の視点2:かつての恋人は変わってしまったのか?
画像2: 彼女の視点2:かつての恋人は変わってしまったのか?
画像3: 彼女の視点2:かつての恋人は変わってしまったのか?
画像4: 彼女の視点2:かつての恋人は変わってしまったのか?

私は、ZRXを走らせながら思った。
私があの頃の私ではないように、彼もまたあの頃の彼ではない。それはわかってる。
でも、再び走り出すことはできないものか??

来てよ。私を求めて、奪って!私は心の中で叫んだ。

そのとき、一台のバイクが私の後方から迫って来た。

画像5: 彼女の視点2:かつての恋人は変わってしまったのか?
画像6: 彼女の視点2:かつての恋人は変わってしまったのか?

彼の視点2 :カムバック。まだ終わりじゃない。

私は結局ZRXを買った。
ファイナルエディションを買うことで、私自身踏ん切りをつけようと思ったのだ。 絶版車になるかならないかは自分次第。現役にこだわれば、いつでも走り出せるし、いつまでも走り続けられるはずだ。

ほどなくして納車されたZRXにまたがり、私は夜の街に出た。彼女が走っているかはわからない、ただ二人に縁があれば出会えるはずだ、確信はないが、不思議にそんな予感がしたのだ。

そして、彼女はいた。
私は胸を高鳴らせながら、アクセルをひねり、彼女の前に出た。

画像1: 彼の視点2 :カムバック。まだ終わりじゃない。
画像2: 彼の視点2 :カムバック。まだ終わりじゃない。
画像3: 彼の視点2 :カムバック。まだ終わりじゃない。

二人は朝まで走り、思い出の場所へと向かった。
ヘルメットを脱いだ彼女の顔には、あの日見た曇った表情はなく、朝日に似て晴れやかで輝いていた。それは10年前の恋人の顔だった。

久しぶりに乗ったオートバイ、まだ感じがつかめない。
同じように、10年の月日を超えた彼女との関係も、距離感がまだよくわからない。感じがつかめない、そんな感じだ。

それでも行けるところまで行ってみよう。

人生はいつだってファイナルエディション。彼女の艶やかな笑顔に見とれる間も無く、私は彼女に手を取られて歩き出した。

画像4: 彼の視点2 :カムバック。まだ終わりじゃない。
画像5: 彼の視点2 :カムバック。まだ終わりじゃない。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.