クリスマスも過ぎ、年末の大掃除の時期ですね。

それぞれの家庭に飾ってある恐竜グッズに埃は被っていませんか?(飾るどころか持ってません的なつっこみはいりませんっっ。)

「水回り」と「恐竜回り」 は特に綺麗にしておくと、「強運」になれる要素があるので(きょうりゅうだけに)、是非綺麗にして新年を迎えてください。

ちなみに、生田晴香が元々運が良いのは恐竜を大切にしているからだと、自分では思っています。(ニヤリ)

まとめ

2016年の恐竜まとめとしては、、、

やはり夏は恐竜の季節でしたね!
春~夏にかけてイベントが盛りだくさんで、色んな地域で盛り上がっていてこれからも更に盛り上がっていくでしょう。期待しかありません。

逆に言えば、秋~冬は恐竜イベントが少ないながらも、
「琥珀から羽毛が生えた恐竜のしっぽ発見!」
という2016年一番の恐竜ニュースが出たのは良かったです。
かなりの人間を興奮させました。

スマホカバー

おしゃれ恐竜服やグッズも以前に比べ増え、
おしゃれアイテムとして恐竜モチーフのものを見かける事が多くなりました。

それを身に付ける恐竜女子も増加し続けているので、良い方向に向かってますね!

人気恐竜

スピノサウルスぬいぐるみ

恐竜は恐竜でも、世界人気ナンバーワンのティラノサウルスと並ぶ勢いで、2016年はスピノサウルスブームが起こりました。

恐竜博2016の影響でしょう。
子どもたちに好きな恐竜を聞いた時の、スピノサウルスと答える率の高さったらもう!

来年は?

2017年は何の恐竜が流行るのでしょうか。
安定のティラノサウルス以外で、予想してみましょう。

1、始祖鳥。
(干支が酉なのと、2017年春からの国立科学博物館での特別展「大英自然史博物館展」に、始祖鳥マスコット付き前売り券が販売されています。)

2、アパトサウルス。
(恐竜倶楽部が投票で決めた、酉年の場合の恐竜干支がアパトサウルスです。年賀状にはアパトサウルスのイラストが入ってる率が高い事が予想されます。)

3、その他。
(どれだけ種類いると思ってるんですか!)

答えは2017年を終えてみなければわかりませんが、、、

生田晴香は推し恐竜は作らず、箱推し(みんな好きタイプ)でこれからもいくので、
ここから流行る恐竜を作ってしまおうという魂胆はありません。

「はるるの萌え萌え恐竜」ではこれからもなるべく平等に色んな恐竜を紹介していきます。

特別に恐竜に興味があるという訳ではない人間を、どんどん恐竜好きの人気にしていきたいと思うので、、、

皆様、2017年も引き続き、よろしくお願いいたします。

生田晴香

コメントを読む・書く
PR 映画『東京喰種 トーキョーグール』 2017年夏公開!
Next

This article is a sponsored article by
''.